スポンサーリンク

韓国内の反日ファシズム空気を助長する愚かな日本人

出典:フジテレビ 1月23日、韓国国防部が公開した日本機の“低空威嚇飛行”の“証拠写真”。なぜか高度を明らかにする海面部分がカット。

みなさん、こんにちわ。

防衛省が韓国側との協議を打ち切っちゃいましたね。

なにしろ、こちらがいくら証拠を突きつけても、話を二転三転させて、言いがかりをつけてくるだけ。逆に「低空飛行で威嚇した、謝罪しろ」などと因縁つけてくる始末。

防衛省が「相手にする価値なし」として協議を打ち切ったのも当然かと。

しかも、異様なのは韓国メディアの姿勢。完璧に自国政府に右へ倣えしている。

韓国人の中にも「政府の姿勢はおかしい、国防部の発表は矛盾している」と指摘する人が少なくない。ところが、韓国メディアは、韓国側の説明が明らかに二転三転し、矛盾している点を一切報じない。異様なまでの「御用メディア」ぶり。

朝鮮日報だけは「読者投稿」を配信して、自分たち社ではなく、読者にそれを指摘させている。おそらく、少しでも自国に不利なことを報じて日本を利する報道をやれば、たとえそれが事実であっても、「この非国民!」的な異常な攻撃に晒されるからではないか。

最新のニュースでは、今度は東シナ海で「日本機が低空威嚇飛行してきた!」と、また言いがかりである。本当なら格好の証拠たる動画を堂々公開すればいいものを、加工した画像を“証拠”として出してきた。また物笑いのタネになっている。

当初の日本のEEZ内における火器管制用レーダー照射問題では、すでにビデオに映っていた北朝鮮側の船籍まで割れている。過去に「瀬取り」をやっていた船だった。

何のことはない、結局、国連安保理違反の「瀬取り」の現場だったわけだ。

それを韓国政府・軍部が手伝っていた。これが「ヤバイ」のだ、決議違反だから。

だから、韓国艦艇は、自国旗を降ろしてまで、影でコソコソとやっていたわけだ。

たぶん、「見つからないように」と祈りながらやっていたが、日本の哨戒機にキャッチされてしまったので、火器管制用レーダーを照射して、威嚇して追い払おうとした・・すでに多くの方が指摘済みだが、やはりこれが真相であろうか。

韓国側は、違法行為がバレたので、逆ギレして、論点を摩り替えて、逆に日本のせいにして、あくまでゴマカシで乗り切ろうとしているのだ。



ジャーナリストに値しない朝日新聞の鮫島浩

韓国メディアは今、国内のファシズム的な「反日極右空気」に恐れをなして、完全に政府の「大本営発表」に同調するだけの御用メディアへと堕しつつある。

先刻は、韓国の元最高裁長官が「前政権の意を受けて元徴用工の民事訴訟を先送りさせた罪」で逮捕された。要するに、これは事実上の「親日罪」である。

このように、韓国は日に日に異様な「反日恐怖社会」へと変貌しつつある。

普段から「権力を監視して批判するのがメディアの仕事」と公言してはばからない日本のリベラル派は、このような韓国メディアの現状を見て疑問に思わないらしい。

いや、黙殺するばかりか、中には韓国の反日ファシズム空気に同調し、それを助長する愚か者すらいるのだから呆れる。その一人が朝日新聞の特別報道部次長の鮫島だ。

この朝日の「特別報道部」というのは、記者クラブには属さず、決まった担当分野もなく、記者自身が主体的にテーマを決めて追求していく部署だそうな。

「レーダー照射問題を一方的に公表し喧嘩を仕掛けたのは安倍政権である。反論され一方的に協議を打ち切るのでは子どもの喧嘩ではないか。ハナから国内の反韓世論を煽る狙いだった疑いが一層膨らむ。安倍政権と一体化して反韓を煽ったマスコミは最後まで真相追及する義務がある。」

ええっと、何だ、コレは? 全文突っ込みどころ。頭大丈夫ですか?

最近、自分たちのやましい点を突かれた韓国側、及びその韓国を是が非でも擁護したい側は、こんなふうに「安倍政権が反韓世論を煽っている」という珍説を繰り出している。

しかし、李明博の「竹島上陸・天皇陛下侮辱」事件の時のように、この種の韓国側の「反日因縁」は安倍政権のずっと以前から始まり、かつ繰り返されてきた

煽るも何も、日本人の反韓世論は抑圧されつつ、徐々に膨らんでいったのが現実だ。

この鮫島浩もそうだが、都合の悪い事実はコロリと忘れてしまうらしい。

いつもそうだが、こういう「親韓カルト」の特徴は時系列がめちゃくちゃなこと。

また、「反日のレッテルは問題だ」と言い始めた舌の根も乾かないうちに、自分たちで「反韓」のレッテルを持ち出すのだから、二枚舌もいいところである。

あまりに愚劣だ。ただの事実誤認、因縁・言いがかりの類いである。

こういうのは「言論の多様性」とは認められない。

考えてみれば、朝日新聞といえば、「吉田清治デマ」に代表されるように日本最悪の製造物責任企業だ。フェイクニュース社だから、最初から己の色眼鏡で社会を見るしか能のない鮫島浩みたいなのが“報道部記者”をやっているのも納得といえば納得だ。

朝日新聞の大ヒットデマ。上に書いていることは全部ウソ!

こんな連中に偏見を排して事実をありのままに直視しろと要求するほうが無理か。

いずれにしても事実を捻じ曲げる人間にジャーナリストを名乗る資格はない。

【緊急告知】

玉蔵&山田高明 直前!未来スペシャルin 新宿 2月16日(土)

玉蔵&山田高明 直前!未来スペシャルin 横浜中華街 2月23日(土)

今までは「隠された歴史」の話などがメインでしたが、今回はもっぱら未来の話です!

よそではまず聴くことのできない貴重な裏話がてんこ盛りです。

しかも価格は税込み4千円。このチャンスをお見逃しなく!

スポンサーリンク
ここでアマゾンサーチができる!!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク