スポンサーリンク

文在寅(ムンジェイン)には便所メシでも食わせておけ

みなさん、こんにちわ。

2019年6月末頃に大阪で「G20」が開催される。

上の資料には「日本がG20サミットの議長国を務めるのは初めて」とある。

だから政府も相当気合が入っているに違いない。



豊臣秀吉こそ日韓友好の立役者、大阪城でぜひとも記念撮影を

ところが、こんな時に(こんな時だからこそ?)、部数絶賛急減中の朝日新聞がまた奇妙な記事を書いて韓国を焚きつけ、国際的な行事進行を妨害しようとしている。

G20記念撮影、背景は秀吉の大阪城 韓国反発の恐れも

ソウル=神谷毅、編集委員・牧野愛博 2019年5月23日11時00分

6月末に大阪である主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、日本政府が恒例の記念撮影で、背景に大阪城が入る構図を検討している。日韓外交に関わる複数の関係者が明らかにした。大阪城は朝鮮半島を侵略した豊臣秀吉の居城で韓国の反発が予想され、今後調整が行われる可能性もある。文在寅(ムンジェイン)大統領は韓国メディアとのインタビューで、G20を機に日韓首脳会談を行うことに意欲を示している。ただ、元徴用工の訴訟をめぐる対応で、両国の溝は埋まっておらず、実現するかは見通せていない。

さすが「韓国人の気分」を最高の判断基準とする親韓マゾカルト

「えええぃっ、控え、控え! 韓国朝鮮の方々が気分を害しておられるぞ!」と言えば、「ははーっ」と日本人がひれ伏す時代がまだ続いているとでも思っているのか。

そもそも豊臣秀吉が朝鮮を侵略したというが、その前はどうだったのか? その前は韓国人が一方的に日本を侵略し、各地で海賊やら虐殺やらを繰り返していた。

とりわけ、高麗王が唆した元寇は、一歩間違えれば日本が滅亡していた。

以前にもこんな記事を書いたことがあるので、朝日新聞記者は勉強してもらいたい。

秀吉の朝鮮征伐は100%正しかった?
説得力のある論考なので、以下のサイトから、ちょっとお借りします。 (前略)七世紀半ばの新羅による半島統一から論じよう。 新羅は八世紀後半には内乱によって社会が混乱し始める。すると、新羅人の賊が頻繁に対馬・九州に侵入し、略奪や...

このように、歴代半島王朝の執拗な侵略行為を見ると、秀吉の「朝鮮征伐」が何ら罪悪感を覚える必要のないものであることが分かる。正面きって堂々と戦いを挑まずに姑息な策略ばかり使う連中を、いつか誰かが征伐せねばならなかったはずだ。(*これは引用文)

むしろ、秀吉の朝鮮征伐により、韓国人はピタリと侵略・海賊行為を止めた。

つまり、豊臣秀吉こそ日韓友好の立役者だったのである(笑)。というわけで、ここはひとまず「日韓友好のためにも大阪城で記念撮影すべき」と締めくくっておこう。

自国の都合の悪い歴史は知らない無知な韓国大統領

さて、本題は、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が来日して、G20に参加して、もしかすると日韓首脳会談までやるかもしれないという話だ。

大半の日本人は、「日本に嫌がらせするしか能のないカスがどのツラさげて日韓首脳会談を希望するつもりだ?」というのが正直な気持ちだろう。

このムン・ジェインは典型的な戦後世代の韓国人と言ってよい。つまり、政治的な事情から捏造されたデタラメだらけの自国史をそのまま信じている。

つまり、朴クネと同じ「洗脳された世代」だ。で、その歴史フィクションに基づいて日本を憎悪し、謝罪しろ、賠償しろと喚いている。

だから、この大統領は、日本からの「3・1独立運動」の百周年として、「独立門」でのパレードをやるという、トンチンカンな錯誤を平気で犯している。

その独立門は下関条約後に「清からの独立」を記念して独立協会が建てたものだ。

しかも、当時、徐載弼(じょさいひつ)の独立協会が世論に訴えていたのは、日本派を追放した高宗らがロシアに国を売っており、このままではロシアの属国になるという危機感であった。高宗は独立協会を弾圧し、潰した。それが1898年末。

つまり、韓国(大韓帝国などと称する)は、1898年末の時点で実質的に滅んでいた。なぜなら、自らの意志で独立を捨て去り、ロシアの属国路線を選んだからである。

そういう運命にならなかったのは単に日本が抵抗し、最終的に戦争でロシアを打ち負かしたからに他ならない。そして、それを傍観していたのが韓国。

しかも、日露戦争後、韓国人は、今度は日本に猛然と擦り寄って来て、最大の政治団体「一進会」のごときは「日韓が対等合併して韓国人も同じ一等国民してくれ」などという、ムシのいい請願をした。併合当日も、抗議デモも暴動もなかったらしい。

繰り返すが、日露戦争前は、日本は対ロ戦略から、朝鮮の独立・近代化支援派だったのである。で、朝鮮特権層は「特権返上が嫌だ」として自らロシアを引き入れた。

文在寅だけでなく、メディアや歴史家も、韓国人はそういう本当の歴史を知らない。

この期に及んでも日本を非難するだけの文在寅

おっと、本題とか言いながら脇に反れてしまった。

要するに、この文在寅大統領は、日本人が嫌がることしかしなかった。

だから、日本の国民感情で言えば、謝罪するつもりなら来い、という話である。

謝罪しないなら、一切、日本に近寄ってくるな。

しかし、むろんそういうつもりで文在寅は来日するのではない。G20はともかく、仮に日韓首脳会談が開催されても、いつも通りの不快な言動に終始するだろう。なにしろ「日本が歴史問題を政治利用している」とか、事実関係を逆さまにするくらいだ。

日本に対して未だにこんな稚拙な外交しかできない男なのだ。

一般に、韓国人は自分の欠陥を日本に投影する病気を患っている。だから「史上最悪の植民地支配をした残酷な日帝」なるものは、「自分たちが異民族を統治したらこうする」と想うことの投影である。つまり「残酷な日帝」とは自画像に過ぎない。

だから、来日する文在寅には、キチッとしたもてなしをする必要はまったくない。

どうせ大統領退任後は、縛り首か、暗殺されるか、終身刑か、そんなところ。

謝罪しない文在寅。中国が「一人メシ」なら日本は「便所メシ」で

私はこの点で中国の対応に学ぶべきだと考える。

2017年12月、初訪中した文在寅が、習近平から「国賓待遇」どころか、徹底的に冷遇され、アジアの物笑いのタネにされたことは、まだ記憶に新しい。

北京の空港で文在寅を出迎えたのは外務次官補クラス。

中国側の警備員が韓国人記者を集団暴行。それに対して謝罪なし。

王毅外相が文在寅に無礼な対応。

何よりも、計5回にわたり文在寅に「一人メシ」を強いた。

久しぶりに韓国がらみで笑えるニュースだった。

中国人がもてなしで一番力を入れるのが「食事」である。

だからこれは、国賓は国賓でも「最下級属国」に対する待遇だろう。

思えば、朴クネの時代、中韓蜜月時代であり、勝手に新華夷秩序における副盟主の地位が約束されているとでも信じ込んでいたらしい。朴クネはその「虎の威」を借りて、日本に対してはどれだけ侮辱しても構わない、というゲスな反日外交を展開していた。

だから、こんな者が獄死したところで同情には値しない。

この文政権も、韓国のメディアも、この頃、中国をバックにつければ日本に対して優位に立てると算段していたようだ。だから「中韓ともに日本の被害者」とアピールした。

だが、そうは取らぬタヌキの皮算用。中国人は、今では「中韓が同じ日本の被害者」とは思っていない。韓国人が日本陸軍の応募に殺到したこと、捕虜虐待などでBC級戦犯148人を出したこと、大戦中も実は無爆撃だったこと等など。

今や多くの中国人が知っており、もはや韓国人に騙されない。

そのせいか、「同じ被害者」アピールは不発に終わった。

今回、中国が用意したのは最下級属国の立場だ。ま、もともと韓国は、中華秩序の中では沖縄やベトナム以下の国際的地位。元に戻っただけの話かもしれない。

なかなかやるじゃないか、中国は。

要するに、中国は、これくらいの「躾」をして始めてまともな会話ができる相手くらいにしか思っていないのである。

思えば、日本の対韓外交を省みれば、卑しい真似ばかりやる隣国に対して善意と友好で接したところで、相手はますます増長し、狂気の度を増していくばかりだった。

この「現実」を教訓とするなら、今後は逆転の発想でいくべきだろう。韓国を尊重すると、かえって勘違いを招いただけだったから、これからは反対の「侮韓」でいい。

だから、中国が「一人メシ」なら、日本はその上をいく「便所メシ」でもてなしたらいい。日本に対して敵対的な姿勢しか示せない異常な国相手にはそれで十分だと思う。

ま、「もてなし」と呼んでいいのか分からないが。