スポンサーリンク

韓国にいる本物の知識人

李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大学名誉教授

みなさん、こんにちは。

自主規制のかかったテレビや新聞の偏向韓国情報とは一味違った“ディープな”それとして、私が重宝させていただいているのが、

一つは『カイカイ通信反応』さんであり、

もう一つが『【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)』さんです。

どちらも大変面白くて、お勧め。

しかも、一日100万以上のアクセスを誇る超人気サイト。

それを思うと、二つとも、もはや立派なメディアと言えるでしょう。

ご存知の方もいると思いますが、『みずきの女子知韓宣言』さんは、「バンダービルド」さんという韓国人の論客をよく紹介されている(ちなみに、私が個人的にそれに並ぶと感心しているのが「無明」さんという論客です)。

先日、このバンダービルドさんが次のような投稿をされていました。

(断想)黒を白とし、白を黒とした場合

すべての偏見と色メガネを排除して、客観的視点だけで見たとき、朝鮮半島の1910年―1945年の期間(日帝時代)は、韓半島史上最高の時期のひとつと言える。

西洋の近代化、西洋の産業革命、西洋のルネサンスをすべて合わせた総体的な文明化を圧縮して完成させた時期だった。

漆黒の未開と無知蒙昧に陥っていた朝鮮半島に、新しく自由、平等、人権、法治、教育、保健衛生、資本主義の思想(自由民主主義)、各種社会インフラなどが続々と導入されたのだ。

一言でいうと無から有を創造した時期だった。

一般人(韓国民)の精神世界はまた、この時から新天地を経験し始め、未開レベルから脱し、初めて文明人レベルとして立ち上がれるようになった。

こういう否定することができないFactのため、良心に逆らえない極少数の韓国人が「日帝36年は韓国にとって祝福だった」と率直に言及して生き埋めにされたこともあった。

今日ほとんどの韓国人は、この36年をただ収奪、搾取、抑圧、性奴隷、強制徴用などとだけ理解していて、ゆえに今日の日本を不倶戴天の敵として接している。

21世紀、地球上でこのように韓国ほど完璧に、黒を白とし、白を黒とするケースはないだろう。

いかがでしょうか。

引用させていただきました。ありがとうございました。

みなさん、これからも『みずきの女子知韓宣言』さんを応援しましょう。

このバンダービルド氏もそうですが、韓国人は全員が洗脳されているというわけじゃなく、こういう真の知識人も何人もいるんですね。

たとえば、あの『親日派のための弁明』を記した金完燮(キム・ワンソプ)氏

この人は真実を言ったがために、韓国の全体主義的国家権力から「死者に対する名誉毀損」なる罪状で不当逮捕され、多額の賠償を言い渡されるなど、迫害されました。

そして、「大韓民国の物語」を上梓された李栄薫(イ・ヨンフン)氏

経済史学者。元ソウル大学経済学名誉教授で、今は落星台経済研究所所長。

この人も真実を言ったがために、慰安婦の前に引きずり出されて、土下座させられました。しかし、迫害にもめげずに、ユーチューブでの講義も始めています。

「韓国の歴史 国民に知らされない真実(イ・ヨンフン ソウル大学校名誉教授解説)1 反日種族主義を打破しようシリーズを始めるにあたって」

で、最近、同じ落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)氏も活躍している。

© FNN.jpプライムオンライン

この他にも5、6人、思い当たりますが、今回はこれだけで。

私が「東アジアにはやはり知性の伝統が息づいているな」と感心するのは、

中韓では、あれほど政府とメディアが一体となって誤情報で国民を洗脳しているのに、

時折、その国家権力が決めた正当性に真っ向から異議を唱え、かつ迫害にもめげない「本物の知識人」が出てくることです。

そういう人の特徴は、ハッとするほど独創的な意見を言うことです。

しかも、国家権力による弾圧や、大衆の無理解・攻撃にも、屈しない。

つまり「真の知性」だけでなく「勇気」と「知的誠実さ」がある。

そのことが力強い本物の知識人との印象を与えるわけです。

私はこの人たちをとても尊敬している。

むろん、大半の韓国人・朝鮮人は、今も、戦後の極右独裁政権がでっち上げた、非常に巧妙な嘘によって塗り固められた「歴史フィクション」に洗脳されています。

それは歴史というより、韓国人の自尊心にとって都合がよい神話です。彼らはそれを「正しい歴史認識」と称しているわけです。しかも、鳩山由紀夫みたいな歴史に無知な日本人がそれを鵜呑みにして謝罪したりするから、益々話がややこしくなる。

しかし、最新のアンケートによると、3割くらいが日本に対してポジティブなようで、かなり国家権力が広めた嘘の鍍金が剥げてきているのも事実。

ただ、今の情勢を見ていると、どうも遅かったようだ。

韓国は一度、反日ナショナリズムで亡国の憂き目を見ることになりそうです。

もし本当の日韓友好があるとしたら、その後でしょうね。

その時に韓国があればの話ですが。

「親日派のための弁明」