スポンサーリンク

日米が内心笑っている韓国のGSOMIA破棄

信頼損ねたイルボン 批判して

GSOMIA破棄する 狂気なリスカブス

みんなが笑ってる イルボンも笑ってる

ルルルルルル 今日も手首切る

反日しようと米まで 出かけたが

冷たく足蹴に 外交の天才さん

みんなが笑ってる 子犬も笑ってる

ルルルルルル 今日も日本が憎いぃ



GSOMIA破棄→在韓米軍撤退→そして・・!?

みなさん、こんにちは。

韓国のGSOMIA破棄に対して、

マスコミや知識人だけでなく、外務省や防衛省、元外相までが、

いやーっ驚いた、韓国正気か? みたいな反応ばかり。

私はむしろこっちのほうに困惑している。

おカッパ頭にしたら本物の河童に見えなくもない三浦瑠麗氏などは、

とおっしゃっているが、ま、私からすると「苦笑」。

私は文在寅が大統領になる二ヶ月も前から、

次の文政権が、慰安婦合意も、GSOMIAも、破棄すると書いていた。

私が間違えたことといえば、もっと早くやると予想した点くらい。

やはり時期を正確に当てるのは難しい。それは私には無理と痛感している。

これはアメリカによる韓国斬り捨ての一環なのだから、日米の奥の院からすれば、むしろこっちの思惑通りGSOMIA破棄してくれてご苦労さんってなもの(笑)。

親北エージェントの文政権もまた最初からGSOMIA破棄を視野に入れていたとすれば、対米での口実が欲しかったわけで、日本のホワイト国外しは格好の材料となった。

それを隠すためにも口を極めて日本を悪罵している。すべて日本のせいにするために。

だから、日米と韓国とも、本音では望み通りの展開なのであり、今回の騒動は、いわば政治建前上の儀式(つまりは茶番)ともいえる。

それにしても・・・。鈍い。

背後にある「巨大な動き」が見えている人はいるのだろうか?

「在韓米軍撤退」程度なら、もはや誰でも予想可能になった。

しかし、その先に、恐ろしい、真のイベントが隠れている。

第二次朝鮮戦争?

まあ、そりゃそうだが、すでに金正恩は習近平の鉄砲玉同然。

むしろ、本命は「米 VS 共産中国」戦ではないかと思うが。

スポンサーリンク
ここでアマゾンサーチができる!!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク