スポンサーリンク

ソウル暴行事件の被害女性を侮辱する河信基(ハ・シンギ)

みなさん、こんにちわ。

「みゆりん」さんがソウルで暴行を受けた事件(↓)についてはニュースでも取り上げられたので、ご存知の方も多いと思います。

この差別語を喚き散らした暴行犯はすでに逮捕されました。

「みゆりん」さんも現地警察の事情聴取にも応じ、被害届を出されたそうです。

「みゆりん」さんの状態はかなりヤバイ可能性があります。

脳内出血とか、そういう大事に至らないことを祈っています。

私が思うに、相手が自分の思い通りにならないと暴言を吐いて攻撃するのは、韓国政府がずっと日本に対してやってきたことなので、そういう意味で象徴的な事件かなと。



在日コリアン作家・河信基(ハ・シンギ)の異常な暴言の数々

ところで、この被害女性に対して、公に向けて、常軌を逸した言いがかりをつけまくっている男がいて、びっくりしました。

これはすでに事件性があると思ったので報告しておきます。

この河信基(ハ・シンギ)とかいう在日コリアンの作家ですね。

日刊ゲンダイで「アホでもわかる日韓衝突の虚構」なる記事を連載中らしい。

今回の事件は、日本人に対する差別語を喚き散らしながら執拗に暴力を振るった典型的なヘイトクライム事案だと、私は認識しています。

同じことを東京でやられている外国人女性を見かけたら、私は助けに入るでしょう。

ところが、このジジイは偏見と先入観から、なぜか女性のほうを執拗に侮辱し嘲弄。

見る人間が違うと、こうも認識が違うのかと驚きましたが、明らかに一線を越えているので、河信基(ハ・シンギ)の当該ツイ文を時系列で残しておきます。

見ての通り、読むに耐えません。

今回は、私の意見はとくに言う必要もないでしょう。

#MeToo運動、反ヘイト運動、無事死亡か

ところで、この河信基(ハ・シンギ)のツイッターを見ると、

「日本ガー」

「ネトウヨガー」

「嫌韓ガー」

「安倍ガー」

と、ほとんどこの4つだけを日常的に喚いていることが分かります。

現代の日本には、少数ですが、この種のカルトがいます。

カルトでも、変に知識人や作家などの著名人が多く、発信力だけは無駄にある。

実際にはこういう人間ほどヘイトと差別にまみれているということでしょうか。

それとも、あくまで河信基個人の資質でしょうか。

多くの人が「反差別」と自称する界隈に当たったようですが、異常な沈黙又は韓国擁護傾向にあるようで、どうやら「同類説」のほうに分があるようです。

韓国無罪。

日本人の「ヒューマンライツ」には興味なし。

そんなのカンケーねえ。

といったところでしょうか。

彼らが今後、この河信基とどう向き合うかも、注目点だと思う。

仮に、東京で民族差別的な暴言・暴行を受けた韓国人女性がいて、百田尚樹氏などの日本人作家が上のごときツイートをやったとしたら、彼らはどんな挙に出るだろうか。

間違いなく発狂して、総攻撃、集団リンチ、糾弾大会と化していただろう(もちろん、私も、世間一般も、批判すると思うが)。

「その場合は身内の恥だからだ」という名分が成り立つかもしれない。

すると、今回のケースがその「身内の恥」に当たる在日コリアンの出方が注目される。

これまでのように決起して、この河信基を糾弾しない限り、今までの反ヘイト・反差別主張はニセモノだったと受け止められる可能性があるかもしれない。

おっと、私の悪いクセで、ついずるずると意見を言ってしまった。

とりあえず、ジジイよ、下で言っていることは自分にも当てはまるのだぞ。

『ソウル暴行事件の被害女性を侮辱する河信基(ハ・シンギ)』へのコメント

  1. 名前:日清 投稿日:2019/08/31(土) 16:27:52 ID:af541817d 返信

    全部、慰安婦に当てはまることだなw