スポンサーリンク

嫌韓の拡大を助長している親韓マゾ日本人

みなさん、こんにちわでござる!

これは某まとめサイトの後追いだが、ネタとして面白いし、当サイトで以前に取り上げた朝日記者のことでもあるので、うちも掲載することにした。



韓国の御用ジャーナリストの失笑ツイート

朝日新聞の特別報道部次長の鮫島浩といえば、

「近隣諸国と関係が悪化したのは安倍のせいだ、ネトウヨのせいだ!」

といつも喚いている「ニホンノセイダーズ」として最近売り出し中らしい。

「自己責任論ガー」と言う者に限ってなぜか「自国責任論」者なのは不思議。

以前に、こういう日本人が韓国の反日ファシズムを助長していると評した。

韓国内の反日ファシズム空気を助長する愚かな日本人
みなさん、こんにちわ。 防衛省が韓国側との協議を打ち切っちゃいましたね。 なにしろ、こちらがいくら証拠を突きつけても、話を二転三転させて、言いがかりをつけてくるだけ。逆に「低空飛行で威嚇した、謝罪しろ」などと因縁つけてくる始末。...

で、この鮫島先生が最近こんなツイをして無事、自爆なされたようだ。

ええーっと・・。

つまり、鮫島ロジックによると、「安倍政権と何ら変わりないこの国のマスコミ」とは、本人が現在所属している朝日新聞ということになる。

そうすると、毎日のようにツイッターで安倍政権を罵倒している鮫島記者的には、すぐにでも朝日を退社しないと辻褄が合わないのではないだろうか(笑)。

親韓マゾが日本国民を苛立たせ、嫌韓に拍車をかけている

鮫島によると、安倍氏が嫌韓を煽っているそうだが、鏡を見な、という話である。

現在、日本社会には以下のような親韓マゾカルトの集団が生息している。

誰がどう見ても韓国が悪い・おかしいのに、何事もないかのように沈黙する。

韓国が先に挑発し、殴っても、安倍が挑発した、日本が悪い、と逆さまにする。

いわば「地球が滅んでも韓国への批判だけは一言たりともしない連中」である。

態度が一貫しているならまだしも、相手が「安倍」とか「日本」になると、途端に気が狂ったように糾弾し、罵詈雑言の嵐、ヘイトまみれへと豹変する。

「ヘイトがー」と言いながら、どう見ても本人が一番憎しみに満ちている。

でも、やれ人権・反戦・反差別と、“正義”だけは人の十人前くらい掲げる。

私の見るところ、こういうアンフェアと偽善に満ちた者たちが、いつ何時も、事実を逆さまにしてまで韓国側の肩を持つから、余計に人々を韓国嫌いへと追いやっている。

なぜなら、多くの人がこういう偽善的な者に対する嫌悪や苛立ちを感じているからだ。

その「親韓マゾへのストレス」を、韓国が引き受ける格好になっている(笑)。

在日や韓国は、かなり、こういう連中のとばっちりを受けている。

今の韓国の対日姿勢に疑問を感じている在日コリアンも大勢いて、その彼らも、本当はこういう「韓国のものならクソでもカレー」という親韓マゾ日本人こそが日韓関係をおかしくしている元凶の一つではないかと、本能的に気づき始めている。

そして、私は彼らもまたある種の差別主義者だと考えている。

親韓というよりは隷韓。そして隷韓は真の親韓にあらず。

以前にこんな記事を書いた。

卑屈な“隷韓日本人”こそが日韓関係のガンだ!
さて「平昌冬季五輪の開会式には誰も行くな」の続編である。 このような主張をすると、必ず沸いてくるのが、そういう対応を「子供じみた行動」などと評して、「日本は大人の対応をすべきだ」と訴える馬鹿である。 必ず沸く。いや、馬鹿というか...

いわゆる「親韓日本人」の中には、非常におかしな一派がいる。

韓国ドラマやKPOPが好きだとか、韓国と公私にわたる付き合いがあって友人知人が多いとか、韓国旅行や韓国料理に嵌まっているとか、そういうのは大いに結構だ。そうやって韓国に触れて、韓国が好きになっていくのは全然OKであり、良いことだ。

別にそういう事例に文句をつけているわけではないのだ。

ただ、そうやって個人レベルで日韓友好に立つ一方で、韓国政府や団体が筋の通らない言いがかりやハラスメントの類いをしてきたら、日本人としてはっきりと「ノー」と言うべきではないのか。「それは違うだろ」と相手を批判すべきではないのか。

それが対等な関係というものだ。そして、本当の友好とか友情というものは、そういうノーマルな人間関係の上でしか成り立たないものだ。

そういう人こそが、本当の“親韓日本人”だと思う。韓国の過ちだけは不問に付すメンタリティは、相手を尊重しているというより、実際には相手を自分とは対等の存在とは認めていないところから生じている。

つまり、それこそが“差別的”なのである。

だから、「おかしな一派」と評したが、まともな親韓派とは区別したほうがいいだろう。たとえば、「隷韓日本人」とか「隷韓カルト」といったネーミングはどうだろうか。

(略)奴隷は奴隷でも、人間としての誇りを持たない卑屈な、最低の奴隷なのだ。だから醜い。そのレベルにまで人間としての心を殺すことができれば、たしかに朝日新聞や神奈川新聞の記者としては合格なのかもしれない。

しかし、人間としてはどうなのか。

現在、そういうスレイブたちが朝日新聞やアエラや週刊朝日などのメディアに巣食って“隷韓商法”をやっている。そして、日本に対するヘイトとレイシズムの側に立ち、嬉々として共犯をやっている。

人間としてのプライドも何もない連中である。

分かったかな?

嫌韓という火に油を注いでいるのが、こういうカルトたちなのである。

彼らが「無理筋の韓国擁護」と「安倍政権と日本への逆ギレ」をやればやるほど、人々はそれへの苛立ちから、ますます韓国が嫌いになっていくのである。

ある意味、世の中は逆説に満ちている。

「韓国人出て行け」みたいなデモを見て、実際に韓国が嫌いになる人がいるだろうか。

まったくいないわけではないだろうが、むしろ逆効果になっているだろう。

同じように、無理やり韓国を擁護したところで、人々は韓国を正しいと思ったり、好きになったりはしない。それどころか、逆の方向に行くだけである。

「アベ独裁政権ガー」のカルトが、現実には「最強の安倍政権応援団」であるのと似た理屈である。連中が安倍氏を糾弾すればするほど、人々は安倍氏に同情する。

反安倍・隷韓カルトこそが本当は嫌韓を助長し、安倍支持率を上げている。

だから、社会から嫌韓をなくしたいのであれば、まずこういう連中が消えればいい。

いいかげん、こんなしょーむない記事を書かせないでもらいたい。

『嫌韓の拡大を助長している親韓マゾ日本人』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/09/01(日) 21:37:55 ID:014dd45c4 返信

    「みずきの女子知韓宣言」の管理人はコリア勢力の標的になった
    http://korea-collapse.com/archives/558