スポンサーリンク

なぜ日韓併合は韓国の自己責任が大か(その1)

まえがき

日韓併合とは何だったのか――。今日の急速な両国関係の険悪化に伴い、改めて百年前の出来事がクローズアップされている。通常は日韓協約あたりから論じられることが多いが、それは一連のプロセスにおける結末に近く、私はむしろそれ以前にこそ事の本質があると考える。併合が実施された時期のみを切り取ると、人々の目にはいかにも「日本が一方的に武力で脅して強要した」と映る。しかし、そこに至った経緯を伏せ、結末にだけ焦点を当てることは、写真ならぬ“歴史のトリミング”に他ならない。不可欠なのは、1875年の江華島事件から1905年の日韓協約へと至る30年間にわたるプロセスの検証である。それ抜きに日韓併合の是非を論じると、本質を見失うのではないだろうか。

しかしながら、今から1世紀以上も昔の「30年間」である。今日の人間にできることは結局、たくさんの文献を読んで、できるだけ当時の人々の立場に身を置いて考えることだけだ。しかも、私は一ライターであり、韓国史の専門家ではない。しょせんはその範囲でモノを語っているに過ぎない。

その限界を理解した上で、以下を読み進めてほしい。

まず結論から述べたい。韓国人は今日「すべて日本のせい」と信じて疑わない。対して、その対極にある主張があるとすれば「すべて韓国側の過失」となろう。私の考えでは、日韓併合は100%日本のせいでもなければ、100%韓国側の過失でもない。真実はその中間のどこかにある。そして私が「韓国の自己責任が大である」と結論したのは、改めて詳細に検討してみて、やはり7割ほどは韓国側の過失が原因と思えるからである。

拙稿はその理由や根拠を述べていくものだ。ただ、あまりに長くなってしまったので、数回に分けた。とりわけ当事者たる韓国人に読んでもらいたい。というのも韓国の歴史教育が意図的に伏せていることも記しているからだ。これは「韓国人のため」を思って言っているのではなく、韓国人が事実を知らない又は政治的な嘘を信じ込まされていることが、われわれに多大な迷惑を現に及ぼしているからだ。

韓国の民族主義的な歴史家や政府の国史編纂委員会には、かなり極端な政治的フィルターが掛っている。もし自覚的にその色眼鏡を外すことができれば、「すべて日本のせい」史観は真実でないと分かるはずだ。

とりわけ、韓国人と一部の日本人の常識とは異なり、「日本にはもともと韓国の独立を奪う国家的意志などなかった」という事実――根拠は説明していく――は重要である。その日本の方針は日露戦争を機に急変する。情勢の変化といってしまえばそれまでだが、併合論が主流化したのは、意外(?)にもその少し前である(といっても伊藤公の暗殺が機ではない)。当時、日本が早くから予測した通り、ついにロシアが朝鮮半島を併呑しにやって来て、日本人は己の命と国家の存亡を賭けて戦わざるをえなくなった。その時の、絶望的なまでに当事者意識を欠いた韓国の振る舞いを見て、日本人は心底失望した。

実はそれ以前に、韓国(李朝)には近代的な独立国家へと雄飛しえる機会が三度もあった。だが、その可能性をことごとく葬ったのは、他ならぬ韓国自身なのである。その結果として、日韓併合に至った……拙稿はそういう視点で論じている。

江華島事件は侵略の始まりにあらず

さて、日本が近代化して以降の本格的な朝鮮との関係再開のキッカケとなったのが1875年の江華島事件だ。これを「日帝による朝鮮侵略の始まり」と位置づけ、以来一貫して日本は侵略の野心を持っていたとするのが韓国の「正しい歴史認識」であり、またその影響下にある日本の左派の史観である。実際、韓国の高等歴史教科書は「日本は韓半島侵略をうかがい雲揚号事件を引き起こした」と単純に記している。

だが、本当にそうなのだろうか。韓国の歴史教育は事件の前段階部分を黙殺している。維新後、明治新政府はすぐに国書を李朝に届けた。ところが、宗主国の皇帝にしか許されない「皇」や「勅」の字を使い、署名・印章も従来と異なっているという理由から拒絶された。李朝はほとんどこれだけの理由でえんえん6年間も外交交渉を遅滞させたのである。新政府の面々にしてみれば誕生して間もない自分たちが外国から承認されるか否かという重大問題なのに、形式の違格などという些事から拒絶された。何度折衝しても李朝の頑迷な態度は変わらず、しまいには洋式礼服にまでイチャモンをつけてくる。一番身近な外国との国交を欲していた新生日本の苛立ちは、いかばかりであったことか。

「それならば一丁脅かしてやろうか」というのが小型砲艦「雲揚号」による示威行動だったのである。といってもいきなり撃ったのではなく、当時の艦長らは江華島にある要塞にボートで近づき、相手に先制攻撃させてから反撃するという手順を踏んでいる。

韓国では「なぜこの事件が起こったか」という原因を軽く考え、「最初から日本に侵略意図があったから」程度で片付ける。しかし、立場を置き換えてみれば、当時の己の稚拙さが少しは分かるはずだ。大戦後、韓国は「大韓民国」を正式の国号に定めたが、仮に日本が「大の文字を使うのは大国にしか許されない」と言って承認を拒み続けたとしたら、韓国人はどんな気分になっていただろうか(*実際、李朝は交渉の過程で“大日本”にクレームをつけたこともある)。日本の傲慢で無神経な態度によって、何か人格を否定されたような被害者意識に陥り、例によって口を極めて対日非難に狂奔していたのではないか。

同じように、当時の日本人もひどく感情を害され、怒りで世論が沸騰したのである。しかも、李朝の場合、自国への誇りからではなく、宗主国への忠義からこのような愚行に及んだものだから、結果的に日本側の侮蔑まで買う羽目になった。

日朝修好条規はそれほど“不平等”ではない

さて、この江華島事件の事後処理を機として、両国は本格的な近代的国交に向けた交渉に入り、その結果として76年に「日朝修好条規」を締結する。韓国や日本の左派は、これを指して、要は“砲艦外交”で不平等条約を強要したと一刀両断するのが常だ。つまり、「江華島事件こそアジアに対する帝国主義外交の端緒だ」と。

一般にも、当時の日本がさも武力で脅しながら朝鮮に不利な条約を結ばせたとか、欧米にやられたことを自分より弱い朝鮮にやり返したというイメージが強い。そういう側面が皆無だったとは、私も思わない。ところが、その日本卑劣論的なイメージでこの日朝修好条規を実際に読んでみると、かなり肩透かしを食らう。というのも、何がどう“不平等”なのか、よく分からないどころか、むしろ李朝を近代的な国際社会に仲間入りさせた画期的な条約という評価のほうが妥当ではないかとすら思えてくるからだ。

条規の第一款は「朝鮮国は自主の邦にして日本国と平等の権を保有せり」である。わざわざ「自主の邦」と迂遠な表現をしたのは、「独立」だと清との宗属関係の否定だとして李朝のほうが拒絶反応を起こすからである。武力による条約の強要などと言うが、大局的に見れば、旧態依然たる冊封体制に留まろうとした李朝と、その朝貢秩序の破壊をもくろんだ日本の、どちらが歴史的に正しかったかは明白ではないだろうか。

一般に同条規が“不平等条約”と言われるのは、「関税自主権の喪失」と「片務的領事裁判権」の二つを指してのことである。

まず関税について触れると、これは両国とも平等なのだ。ただ、日本は国際貿易や産業振興の点で少しばかり先行していたから、対等な条件であっても有利に働いた。日本はそれを承知していたと思われるが、通商の約款については別途12回も交渉し、朝鮮側の要望や修正にも応じて双方納得済みの上で合意に及んだものであるから、それは許される範囲での国益の追求にすぎない。フェアな交渉と対等な条約締結の後になってから、国際条約や貿易に疎い朝鮮側の無知につけ込んだなどと(戦後の学者が)クレームするのは、それこそフェアではないし、逆に一国を「世間が分からぬ幼児」だと貶めるようなものだ。

次に、片務的領事裁判権についてだが、これはむしろ「仕方がない」のではないのか。これについては、日本人自身も「欧米から不平等条約を結ばされた」という被害者意識でものを語りがちだ。しかし、「生麦事件」を思い起こしてほしい。西洋人からすれば“土人国”では自国民がどんな不可解な理由から罪を着せられ、残酷な刑罰を科せられるか分かったものではない。

だから、蛮地における自国民の生命と財産を守り、正当な商活動を保障するためには、領事裁判権とその後ろ盾となる砲艦外交が不可欠だ。それが嫌だったら自分で“土人国”を卒業したらいい、というのが当時の国際社会の常識である。

事実、それから20年後の朝鮮でも、「法廷もなく処刑された」とイザベラ・バードは記述している。実は、1895年に日本が強制した改革によって、はじめて法に基づかない投獄や残酷な刑罰が朝鮮国内で廃止された。近代化といえばつい鉄道や工業などの物質的な面ばかりに目がいきがちだが、当時の国際社会はそれ以上に近代的な司法制度や刑法というものを重視した。今でも欧米人はそれを文明度の基準にしているフシがある。

当時の領事裁判権は実際に様々な問題を引き起こし、日本人が欧米に憤怒した一因にもなったが、この種のハンデは保険における被保険者間の格差と本質的には違わない。つまりハンデを付けられるのは、あくまで本人に原因や欠格があるということだ。

他にも細かな項目でいえば不平等があったかもしれないが、全体として見た場合、むしろこの条約は両国が普通に近代的国交を結んだものと解釈すべきではないだろうか。

開国の対価であり通過儀式だった

たしかに、江華島事件は、日本に例えるなら東京湾の入り口たる横須賀の軍事施設を砲撃するようなものだ。だが、それ以前の経緯を思えば、こう着状態を打開するためにはこれくらいのショック療法しかないと日本側が思い込んだのも無理はない。もっとも、実際にはそれだけでは足りず、清国大臣の李鴻章に根回しして、日本の書契を受け入れるよう宗主国から李朝へ勧告することで、ようやく本格交渉へと漕ぎ着けたわけだが。

しかも、今日のイメージほど朝鮮は軍事弱小国ではなかった。この事件以前に類似の行動に及んだフランスとアメリカの艦隊を見事に撃退してみせているのだ。朝鮮の興味深いところは民兵が強いことで、正規軍の規模だけを見ていると実力を見誤る。そして日本全権は、そのような民兵に完全包囲される中で交渉に及ぶことを余儀なくされた。対して日本側の警護部隊は四百名に過ぎず、下手すれば日本人のほうが皆殺しになる危険性すらあったのだ。当時の朝鮮にも「何がなんでも夷狄は打ち払え」という過激な者が数多くいたわけで、日本が軍事力を見せ付けた上で交渉に及んだのもやむをえない面があった。

こうして、日本もまたリスクを背負って、相手の懐の中に飛び込んだ。そして双方が十分に議論して、納得した上で条約を締結した。このように、実際は「武力で強要した」というイメージとはほど遠いものだ。「朝鮮の人たちを軍艦で脅して、恐怖で震える彼らに無理やり不平等条約への調印を強いた」がごとき想像は、もはや是が非でも日本を侵略国家に仕立て上げたい政治的悪意による歴史歪曲以外の何者でもない。

むろん、朝鮮側としてはうるさく付きまとう日本を前にしてしぶしぶ応じたものだが、結果として近代的な国際社会への仲間入りを果たせたわけで、それこそ歴史的な成果だったのではないか。

当時すでに、蒸気船の発達により、人類が極地を除く世界のどこへでも自由かつ安全に行ける時代に突入していた。航海の高速化と大量輸送が可能になり、世界が一挙に狭まりつつあった。また、一般人の海外旅行や民間のビジネスも手軽になり、国家間の貿易も飛躍的に増大しつつあった。その過程にあって各国間の摩擦も増えたが、国際ルールという概念も発達し、それに則って外交や貿易することでトラブルを防ぐ知恵も確立された。

このような時代にあって、もはや一国――ましてや朝鮮のように海に面した――が己の殻に閉じこもり続けることは物理的にも不可能だった。しかも、当時はまさに欧米列強による世界分捕り競争の最中だ。李朝がいずれ西洋に対しても開国し、近代化の道を歩まねばならないことは、国家を守る上でも必然だった。ただ、最初に門戸を開いた時のショックは避けられない。李朝の場合、それが江華島事件と日朝修好条規だった。しかし、それは通過儀式として、それほど“高い代償”だったのか? むしろ、最小限の痛みで開国へと漕ぎ着けることができた“意外と幸運な”出来事と見なすこともできるのではないか。

むしろ、問題は「その後」に、当人たちがいかに行動するかである。具体的には、時代の趨勢を読み取り、西洋との歴然たる彼我の文明格差を自覚し、生き残りのために自らの社会を改革していかねばならない。つまり、開国後にこそ、統治者の真の力量や手腕が問われる。俗に「時代が人物を生む」と言うが、李朝にも真っ先に己の意識改革を成し遂げ、自主独立と近代化が急務であることを悟った先進的な人物が次々と現れた。

祖国が完全に時代遅れと化した時、どの国にも、変化しなければ淘汰されると強い危機感を覚える改革派が現れる。そして、あくまで古い制度や特権にしがみつこうとする守旧派と激しく衝突する。幕末日本がそうだったし、李朝末期もまたしかりだった。そういう意味で、日本も朝鮮も何も違わない。

ただ違ったのは、その「結果」なのである。

主要参考資料

名越二荒之助編著『日韓共鳴二千年史』(明成社)/呉善花『韓国併合への道 完全版』(文春新書)/海野福寿『韓国併合』(岩波新書)/姜在彦『朝鮮近代史』(平凡社)/イザベラ・バード『朝鮮紀行』(講談社学術文庫)/『入門韓国の歴史 国定韓国中学校国史教科書』(明石書店)/『韓国の高校歴史教科書 高等学校国定国史』(明石書店)/ウィキペディア「日朝修好条規」

2013年11月29日「アゴラ」掲載

(再掲時付記:この「シリーズ」はPVが少なかったこともあり、結局、投げてしまいました。ただ、たくさんの韓国人が読んでくれたようで、メールがたくさん来ました。拙い日本語であっても、しっかりと自分の意見を言うのはすばらしいことですが、匿名ばっかりでは返事しようがありません。

韓国(李朝)には近代的な独立国家へと雄飛しえる機会が三度もあった。だが、その可能性をことごとく葬ったのは、他ならぬ韓国自身」について、改めて書こうと思います)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク