スポンサーリンク

韓国にもこういう声がある(カイカイ反応通信さんからの転載)

韓国のネットユーザーの生の声を翻訳して紹介している「カイカイ反応通信」という著名なサイトがあります。

このたび「太平洋戦争における米軍と日本軍の被害状況を比較してみよう」というスレに寄せられた韓国人の皆さんのコメントの中に、たいへん俊逸なやり取りと、歴史的価値の高い資料の紹介がありました。

ぜひとも「アゴラ」の読者の方々にも紹介したいと問い合わせたところ、「カイカイ反応通信」管理人さんから快諾をいただくことができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

(以下引用)

52. 韓国人
朝鮮人志願兵の現状と日本軍であった朝鮮人のインタビュー映像(*リンク切れ)

53. 韓国人
>>52
強制徴兵はなかったのか?
朝鮮人明るい姿をご覧ください

54. 韓国人
>>53
強制徴兵はガセ
むしろ、朝鮮人は、旭日旗や日の丸をはためかせながら、身につけてるものまで寄付し、先頭に立って戦争準備を推進した

55. 韓国人
>>54
それはごく少数ではないのか?

56. 韓国人
>>55
この動画も見てみて(*リンク切れ)

57. 韓国人
>>56
病身…
衝撃すぎた
俺が思っていた日帝時代とは違うんだけど…
二つの映像を見る限り、植民地というより、同盟国に近い感じ?

58. 韓国人
>>57
韓国は絶対に日本の植民地ではなかった
韓国の近現代史の9割は捏造である
日本に深く同化した朝鮮人を日本から切り離すために、反日教育をする他になかったのだ
それが、現在まで続いている
そして、今の日本が韓国を嫌うのも、このような捏造教育のため
日本の立場で見れば、韓国は日本を裏切ったのも同然だから

59. 韓国人
>>58
それでは、抗日運動や3.1運動のようなものは、どう説明するのか?

カイカイ補足:三・一運動 – Wikipedia
三・一運動は、1919年3月1日に日本統治時代の朝鮮で起こった運動。独立万歳運動や万歳事件とも(日本では三・一事件、三・一独立運動という名称もある)。韓国では3月1日を三一節として祝日に指定している。

60. 韓国人
>>59
抗日運動をしていたのは、ごく少数であり、3.1運動の場合も、日本に取り込まれた初期の頃にあった日本への反発+群集心理が作用したものだ
上で示した動画は、1930年代のものであり、すでに内鮮一体が確立されていた
知れば知るほどヘル朝鮮

61. 韓国人
>>59
それは、両班や儒学者たちが起こした運動だ
いわゆる、朝鮮時代の支配層たち
日本が身分制度を廃止しようとしていたのだから、両班や儒学者たちが黙っているか?
当然、日本を追い出そうとするだろ

62. 韓国人
>>61
扇動するな
証拠資料を持ってこい

63. 韓国人
>>62
動画も信じられないやつに、どんな証拠を提示すればいいの?

64. 韓国人
>>63
だから、偏った映像ではなく、記録資料を見せろと言っているのだ
お前の態度は、人を説得する態度じゃないね

65. 韓国人
>>64
そういうお前は、学ぼうとする態度じゃないね
どんな記録資料を持って来いと?
近現代史全般に渡る記録を全て出せというのか?
そんなの面倒臭すぎるわ
信じられないのなら、そのまま消えてくれ

66. 韓国人
>>65
扇動に失敗したゴミ日本信者野郎(笑)

67. 韓国人
>>66
だから、お前が希望する記録って何だよ?

68. 韓国人
>>67
韓国の現代史の9割が捏造と検証された証拠を提示してみろ

69. 韓国人
>>58
あまり、刺激的な単語を使うべきではない
お前の主張が、相当部分、正しいことは認める
ソウル大学のイ・ヨンフン教授を中心とした、証拠に基づいた植民地時代の歴史見直し作業を見ると、日本の軍需産業関連に従事した朝鮮人の数は、20万人程度だったというから
あまり、感情的になって刺激的な単語を使えば、そのまま魔女狩りされるだけ
誰も耳を傾けないよ

70. 韓国人
>>69
慰安婦の証言は何?
売春していたおばあさんたちが、今になって金をよこせとでも言っていると言うのか?
扇動しないでください

71. 韓国人
>>70
慰安婦の元締めは朝鮮人であり、就職詐欺や拉致なども、全て朝鮮人がやったことだ
日本軍ではない
日本は、違法な人身売買を取り締まり逮捕していた側だ
過去の新聞資料を見てみても、違法人身売買を逮捕したなどの記事が出ている
日本軍に強制連行されたという証拠は、どこにもない

72. 韓国人
>>71
朝鮮人の仕業だというのなら、なぜ元慰安婦おばあさんたちは、毎週水曜日に日本大使館の前で集会をしているのか?

73. 韓国人
>>72
だから日本も困惑している
慰安婦について、調査すればするほど、違法人身売買取り締まりなどの情報しか出てこないのが現状だ
強制動員されたという証拠は皆無ということ
http://gall.dcinside.com/board/view/?id=history&no=1283822

カイカイ補足:上URL先の本文を翻訳してご紹介。親日掲示板として有名なDCインサイドの歴史ギャラリーから。
朝鮮人に人身売買された女性たちを日本の警察が救出する
東亜日報(1939.03.28)
50人余りの娘が朝鮮人人身売買団に引っかかり、北支や満州に娼妓として売られるも、日本の警察が救出する

慰安婦・新聞記事1

東亜日報(1933.06.30)
路上で女性を誘引して拉致し、売春主に売却
犯人はパク・ミョンドンとイ・ソンニョ(女性)
日本の警察が救出

慰安婦・新聞記事2

毎日新報(1936.05.14)
農村の婦人を誘引した犯人を検挙
女性を満州に娼妓として売却しようとしていたところを日本の警察が検挙
女性を救出する
4人の女性が魔の手を脱する

慰安婦・新聞記事3

東亜日報(1939.8.31)
悪徳紹介業者の横暴
誘拐した農村女子の数は100人以上
全員、日本の警察が救出

慰安婦・新聞記事4

毎日新報(1936.07.09)
娘を誘引し、売春を強制した行商魔女の罪状
純真な女性を誘引し、中国人に売春を強要
日本の警察が検挙し、被害女性たちを救出

慰安婦・新聞記事5

東亜日報(1935.03.07)
中国上海暗黒街に朝鮮人女性が約2000人
これら、遠征売春婦のために朝鮮人の威厳が損なわれる
しかし、これに対策を打つことはできない
なぜなら、経済的な問題で自発的に労働しているから

慰安婦・新聞記事6

東亜日報(1933.07.01)
少女誘拐団のトップを逮捕
主に幼い少女たちを誘い出し、売春宿に売り飛ばしていた

慰安婦・新聞記事7

毎日新報(1936.02.14)
朝鮮人たちが女性を誘拐し、娼妓として売却
日本の警察が発見し逮捕

慰安婦・新聞記事8

東亜日報(1939.08.05)
処女貿易の誘引魔
日本人女性を誘引し、中国に売り飛ばそうとしているところを日本の警察が検挙

慰安婦・新聞記事9

毎日新報(1939 03 28)
農村処女を誘引し、100人余りを売り飛ばす朝鮮人拉致団
これを日本の警察が検挙し、女性たちを救出

慰安婦・新聞記事10

信じられないほど多くの雇用詐欺、就業強制、人身売買、誘拐事件の記事がある
犯人は常に朝鮮人であり、日本の女性をも犯行の対象とした
これらを阻止し、女性を救出したのは、日本の警察だった

74. 韓国人
>>73
なるほど…
一方の偏った見解ではなく、両者の見解を見る機会を与えてくれてありがとう

75. 韓国人
しかし、こんなものを見ると、日本は本当に強かったのだなと思う
ボロボロに叩かれはしたが、あの当時で、米国とあれだけやり合うというのはすごい
アジア国家の中では、日本が圧倒的だった

(以上引用終わり)

引用を許可してくださった「カイカイ反応通信」様に改めて感謝を申し上げたいと思います。

2014年11月29日「アゴラ」掲載

(再掲時付記:まあ、考えてみれば、法治国家なわけですから、日本の警察が違法行為を取り締まるのは当たり前の話なわけです。ちなみに、上は悪徳業者の例ですが、法的に問題のない通常募集による通常営業の例であっても、意志に反して慰安業に従事させられた日本人・朝鮮人の女性が数多くいたこともまた事実です。20世紀では、1931年、34年の東北大凶作の際、大量の娘が売り飛ばされたといいます。当然、「意志に反して従事させた」ことに関して軍の責任を問う場合、軍以前に女性の意志を確認する立場にあった「親」と「業者」も責任を免れないでしょう。親は業者と契約することで多額の前金を貰うことができました。当時の新聞広告によると、「月収300円以上(前借3000円まで可)」などと記されているものがあります。当時のお金で、一度に家が建つほどの前金が貰えたわけです。売られた女性だけなく、プロの女性もいた一方、この問題には根底に貧困や女性の劣位などの社会の構造問題まで関わってきます。戦争中ともなると、軍令違反も横行し、個人やグループによる現地女性の拉致・レイプもありました。そもそも、それを防ぐために慰安所を設置したらしいのですが・・・。ですので、事態はたいへん複雑であり、上記は一つの側面を表す資料にすぎないというのが私の感想です)

心を落ち着けたい時には音楽を

はじめにみなさん、こんにちわ。私は音楽に関してはまったくの素人です。ましてや、高尚な趣味ともいえるクラシック音楽に関する細かな知識や、演奏のテクニカルについての見識は、皆無です。ただ、料理の評論家でなくとも、美味しいものは、誰でも美味しいと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク