スポンサーリンク

日本の電力はどう改革すればいいのか? 答えは8年前に出ていた

Takaaki Yamada

みなさん、こんにちわ。

私は約8年前、アゴラに載せた「電力改革は失敗に終わる」という記事の中で、ほぼ結論として次のように述べました。

(これからの)日本は送電・変電・配電設備の増強に突き進んでいく。

政府で改革を牽引している人たちは、それが“イノベーション”であり、経済活性化のために不可欠なインフラだと信じているから、イケイケどんどんである。

ところが、今、急激に進歩しているのはエネルギーの個産個消技術なのだ。それを促しているのが市場の力なので、これは誰にも止められない時代の流れだ。

つまり、テクノロジーは「これからは送電線を減らしていけ」と訴えているのである。

だが、これからの日本は「時代とまったく逆行する道」を突き進もうとしている。

今後、電力インフラは肥大化していくが、一方でそれに頼らないプライベート電力も徐々に増えていく。遅くとも両者の経済性は十年以内にクロスオーバーする。

以後は、みんなでインフラを支える今の構図から、自家発を所有できない個人や企業だけが支える構図へと、少しずつ変化していくだろう。

これは将来、エネルギーを軸とした格差が社会に芽生える可能性を意味している。

例えるなら、飾り付けが増えて神輿は年々重くなるのに、担ぎ手は逆に減っていくようなものだ。

自家発電気の高額売電制度が続くならば、抜けた担ぎ手が神輿側に乗るに等しい。

当然、「抜けたもの勝ち」になるが、事がエネルギーだと抜けるに抜けられない人たちもいる。かくて電気を「生む」側と「生めない」側の格差は拡大し、後者は「エネルギー弱者」と呼ばれるだろう。

とくに家庭のあまりの光熱費格差が不公平感を助長し、政治問題に発展すると思われる。この頃ともなると、「かつての電力改革は失敗だった。自分たちは時代の流れを読み違えた」と言われるようになるだろう。

いくら発電や小売を自由競争にしようが、電力インフラが全体として「電力を独占するシステム」であることには変わりない。エネルギーの個産個消テクノロジーが洗練されていくにつれ、その旧来の構造そのものが根底から覆るのだ。

この巨大な地殻変動を勘案せずに電力改革が論じられ、進められようとしている。

ようやくこういう時代が到来したかなと思います。



改革の道を間違えて、にっちもさっちも行かなくなった日本

3・11後、識者からツイッター民までが「発送電分離」を唱えていたことをご記憶でしょうか。誰もが突如「発送電分離主義者」になった感すらありました。

有力な発信源の一つが、孫正義・飯田哲也氏の「自然エネルギー財団」系でした。

いわく、

送電網は発電と分離して、連系・増強をすすめ、「巨大な公共の電気のプール」にする。一方で、FITによって誰もが自然エネによる発電事業に参入できるようにし、太陽光や風力などによる電力をそのプールにどんどんぶち込んでいく・・・。

一見すごい構想であったため、人々が従来の電力システムに疑念を抱いていた3・11後の日本にあって、無数の人々が「新時代の指針」であると感じたようです。

しかも、当時、ドイツなどの欧州が先行していたから、なおさらです。

発送電分離に関しては、(池田信夫氏のような?)市場資本主義・新自由主義経済的な立場の人たちも賛成しており、反対の声は私も寡聞にして知りません。

しかし・・・。私は当時、

発送電分離なんかたいした意味はない。

FITによる自然エネルギーの普及は間違っている。

そういう方向での電力改革は失敗する。

ということを平気で書いて発表したため、一部の人たちから敵視されました。

ただし、私は「持続可能なものほど真に経済的である」との信念から、徹底した自然エネルギー派ですが、あくまで合理性と戦略に基づく普及を是とするものでした。

というわけで、FIT大賛成のサヨク的な自然エネ派からは「原発推進派! 自然エネルギーの普及を潰すやつ」などと指弾され、逆に「アゴラ」によくいた原発守れ派・反自然エネ派からは「原発に反対する浅はかな自然エネ派!」として指弾されました。

今から見てみると、電力改革は当初、世論の後押しもあって、孫・飯田氏の方向性に向かいましたが、電力会社の寝技的な抵抗と、途中から「これはまずい」と気づいた経済産業省の官僚による軌道修正が入り、中途半端な「生煮え」で止まった格好です。

日本の答えはすでに8年前に出ていた

しかし、電気料金のほうは世帯あたり月に千円くらいはちゃっかり上昇し(この間、化石燃料代の指標である原油価格が急落したのに)、電力における再生可能エネの比率も、もともとあった10%(ほとんど水力)から18%へと、少し増えた程度の成果でした。

で、今また世界的な反地球温暖化キャンペーンにより、日本はCO2と石炭火力の削減を求められています。

しかし、日本は異常にコスパの悪い政策をやったばかり。

やはり原発を再稼動するしかないのか? しかし、仮にそうしたとしても、新設が止まった以上、結局は原発もどんどん引退していく他ない。

それとも、世界がなんと言おうが、石炭火力発電を守り続けるのか。

あるいは、またしても「自然エネルギー財団」系の構想を再浮上させるのか?

それとも原発稼動のみならず、新設方針へと踏み切るのか?

マスコミも「問題だ」と煽るが、その「正解」となると、言わないし、言えない。

識者も「答え」を示せない。

どうすればいいか、誰も分からない。誰も「新たな方針」を示せない。

ただ「日本は詰んだ」という思いだけが募っていく。

しかし、私は日本がこういう矛盾に陥ることを早くから予測していた。

そして、日本が取るべき正しい道筋をすでに示していた。

それがこれです。

「真の電力改革と自然エネルギー普及策――FITとは異なる日本オリジナル方式の提案(前半)」

「真の電力改革と自然エネルギー普及策――FITとは異なる日本オリジナル方式の提案(後半)」

現状の矛盾を打破する方針は唯一これしかない。

電力の個産個消(地産地消)をすすめるべし。

田舎から電力自立を促し、とにかく送電・変電・配電設備を減らせ。

三大都市圏には、眼前の海にある洋上風力と海流による電力を入れろ。

などなど。

私はとっくの昔に正解を言っている。

ちなみに、孫・飯田氏系は、アジア全体を覆う巨大な送電網「アジアスーパーグリッド構想」を唱えているが、私はこれも100%失敗に終わると断言している。

ソフトバンクは各国と協力して計画を進めているが、こんなものは絶対に粗大ゴミになると。なぜなら、イノベーションは送電を減らすことを示しているからです。

『日本の電力はどう改革すればいいのか? 答えは8年前に出ていた』へのコメント

  1. 名前:武漢ウイルス感染!ヤッター!WHOあはははははは 投稿日:2020/02/10(月) 14:45:13 ID:6731d57a4 返信

    中国様「ウイルス兵器、あはははははは!」WHO「御祝イシマス!」
     横浜港に停泊している大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は9日までに乗客乗員70人が新型コロナウイルスに感染していることを明らかにしていますが、関係者によりますと、検査の結果、新たにおよそ60人の感染が確認されたということです。クルーズ船の感染者は、あわせておよそ130人に達することになります。

     乗客乗員への感染拡大が続いていますが、加藤厚生労働大臣は10日の閣議後の会見で、クルーズ船に残るおよそ3600人の乗客乗員全員に、下船前、ウイルス検査を行うことが可能か検討していることを明らかにしました。(10日13:11)