スポンサーリンク

喫煙の害毒は新型コロナよりもはるかに巨大なのになぜ騒がないのか?

みなさん、こんにちわ。

なぜ対結核用のBCGワクチン接種が新型コロナウイルスにも有効なのか、はっきりしたことは医学者にも分からないようです。しかし、接種各国と非接種各国の新型コロナ罹患率と死亡率を比較すれば、統計的には明確な相関関係が見て取れるという。

結核も、新型コロナも、同じように「肺炎」を引き起こす病種故かは分かりませんが、統計的に証明の域にあるなら、事実効いているものと考えてよいのではないか。

たとえば、麻酔がなぜ効くのか、実は化学的な原理はほとんど分かっていませんが(ちなみに青山マサヒデ博士などはその仕組みを研究していた)、経験と統計に基づいて信頼に足るものとされ、医療の現場では日常的に使用されています。

医療の目的からすれば、作用が解明できなくとも、要は効果があればいいんです。

実はかなりの日本人が数ヶ月前から感染し始めていた可能性がある。

なにしろ、私の主観では、銀座の歩行者の半分は中国人だった。武漢で病気が拡大してからも、政府はなかなか中国人観光客を足止めしなかった。

中国の次くらいに日本が罹患していないと不自然に思われます。

だが、「感染」はしても、死亡率がずっと低かったので、当人も社会も重い風邪だと受け止めてきたわけです。だから、マスクを中国にあげたりしていた。

三大都市圏で無作為に1万人を検査すれば本当の感染率が分かるかもしれない(笑)。

たまたま生菌数が世界最高レベルのBCGワクチンを接種していた日本人は、まことに幸運と言わざるをえません。天の采配か、それとも・・。

対して、つい先日、トランプ大統領は「(死者数は)最低でも10万人だ。2、3週間後は見たこともない光景が広がっている」と、危機感をあらわにしました。

アメリカは何のワクチン接種もしていない国で、世界の中でも特異なほうです。

よって、これから死体の山を築くことは避けられない。このウイルス禍は、アメリカでは数年続く可能性もある。アメリカ経済は悪化の一途を辿るでしょう。

私が心配なのは、アメリカの経済だけでなく、軍事力も急激に凋落していくことです。

すでに一部空母が任務遂行困難になっている。新型コロナが軍隊の稼働率に直接的に影響しているわけです。空母や潜水艦などは、豪華客船と似た閉鎖空間でしょう。

これを「好機」と考えるのが、政治的にもピンチにある習近平でしょう。

ちょうど、関東軍が柳条湖事件をでっち上げたように、中国軍もまた台湾侵攻を正当化するため、自分たちが被害者になるような事件をでっち上げるかもしれません。

中国版「リメンバーXXXX事件」が起きて世界を揺るがすのか、見守りましょう。



タバコによる国内の死者は年間12、3万人

さて、今現在、人々に恐怖感を植え付けるマスコミ報道がすさまじい。

まるで恐怖を煽り立てて意図的にパニックを引き起こそうとしているかのようです。

今、恐怖に駆られた大衆は、自宅軟禁命令にさえ納得し、従っている。

セルフィッシュな欧米市民でさえ、「人命を守るため、あなたを守るため」と言われれば、まるで羊のように、国家権力の強権的な命令に諾々と従うことが分かりました。

この辺は賢いやり方ですね。

羊の首に縄をかけて無理やり引っ張るのではなく、羊自らが檻の中へ入っていくように仕向ける・・・昔からの支配層の大衆操作手法です。

しかし、「どうもバランスを欠く」と疑問に思うのは私だけでしょうか。

二ヶ月以上騒いだところで、日本の死者は100人をまだ越えていない。

対して、2018年のインフルエンザでは3300人が死んだ。

こちらのほうは月平均275人が死んでいたのに、今みたいに騒いでいただろうか。

ただ、これですら、喫煙による死者と比べれば、2ケタも少ない。

志村けんの致命傷になったと私が考える「喫煙の害毒」です。

厚生労働省によると、喫煙が原因による国内の死者は、年間12、3万人です。

以下、平成24年と、ちょっと古いですが、同省の資料です。

なんと、日に300人以上が喫煙で亡くなっているわけですよ。

しかも、今年だけでなく、来年も同じくらい死ぬ。ずっと死に続ける。

国内の年間死亡者のうちの約10%が喫煙によるものですよ。

どう考えても、新型コロナウイルスよりも、客観的事実として、はるかに大きな害毒を人々の健康と世の中にもたらしている。

今、政治家もマスコミも識者も「人命が人命が」と繰り返し言う。

だが、それほど人命が大事なら、タバコを禁止したほうが、よほど助かる。

そう考えると、どうも報道がアンバランスだと思いませんか。

ちなみに、自動車の排ガスによる大気汚染でも人が亡くなっていますが、自動車は社会と人々の暮らしを支えるのに無くてはならない文明の利器であり必需品。

対して、タバコなんてただの個人的な嗜好品です。

現状、自動車を廃止したら現代社会のシステムが崩壊しますが、タバコの廃止には何の社会的デメリットもない。喫煙者本人の健康を含め、メリットしかない。

まあ、JTと財務省が困る、というのはありますが。

そんなもので年間12、3万人が亡くなっているわけです。

タバコは本人だけでなく社会にとっても百害あって一利なし

同資料によると、うち受動喫煙による年間死者は、約6800人となっています。

しかし、国立がん研究センターによって2014年度に集計が更新され、今では「1万5千人」が定説です。

喫煙者本人が死ぬのならともかく、彼らによって毒の煙を吸わされて、年間に1万5千人もの、何の落ち度もない人々が亡くなっているわけです。

これは「殺された」と言い換えてもいい。

いわば「喫煙殺人」による犠牲者です。

その他、がん死亡の20~27%は喫煙が原因。

喫煙による超過医療費1・7兆円、労働力損失が2・3兆円

とくに、喉頭がん、肺がん、尿路系のがんのリスクが高いようです。

以下は日本医師会の資料。だいたい5倍くらいのリスクになる。

ヘビースモーカーだった志村ケンは、もう肺がボロボロだったかもしれない。

よく喫煙者が「おれの身体だから、吸うのは勝手だ」みたいなことを嘯いているのを耳にしますが、超過医療費はみんなが負担させられているわけです。

健康保険料には「ニコ中プレミアム」という上乗せが必要かと思われます。

受動喫煙で年間1・5万人も亡くなることを思えば、ますます「おれの勝手」ではすまされないはずですが、そういう想像力が期待でないのが「ニコチン中毒脳」でもある。

各国では受動喫煙防止の法律が整備されていきましたが、日本では自民党の中に強固な抵抗勢力があるらしく、昔から対策が遅々としています。

しかし、もう答えはとっくに出ている。

可及的速やかに、タバコは社会から無くさなければならない。

『喫煙の害毒は新型コロナよりもはるかに巨大なのになぜ騒がないのか?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/04/05(日) 14:34:29 ID:c71d0a031 返信

    噓八百

  2. 名前:rakan 投稿日:2020/04/12(日) 13:00:49 ID:023319733 返信

    山田さんもヤキがまわりましたね。こんな記事を投下するようになったとは嘆かわしい、悲しいです。
    自動車の件は詭弁ですね。自動車といっても物流のためのトラックまで糾弾するのはちがうとおもいますけど 首都圏都心23区なんかは「マイカー規制」するべきじゃないですか? 排気ガスの害についても多少は調べてから投稿してほしかったですね

    で、本題の煙草の件についてですが。
    以下は、かつて某所に投稿した問題提起なんですが山田さんのご意見をうかがいたいです
    ~~
    現在の60歳代である1950年前後生まれの方々は生まれた時から様々な大気汚染にさらされて生きてきている。
     生まれたその時期は大気中核実験の真っ盛りであり年間数百回の核実験がおこなわれていた。中国大陸からの偏西風による黄砂やPM25については若い世代の諸氏もご存じのことのはずだ。
    母乳を飲んでる年齢の時点から悪環境の中にいたのだ。
     さらに高度成長期における工場の煤煙、光化学スモッグや水俣病・ヒ素ミルク・魚の住めない河川など、当時の日本の環境はかなり劣悪なものであったし、
    今では禁止されているような食品への着色料や添加物なども旺盛であり、
    インスタント食品なども出て来た時代であり
    様々な複合汚染にさらされ幼少期を過ごしてきた世代なのである。
     また、当時は列車や飛行機でも喫煙が可能な時代であり飛行機などは密閉空間で空気循環させているような環境だ。更に成人喫煙率は90%あった世代でもある。飲食店はもちろん、職場においても分煙などなく、非喫煙者においても、あらゆる場所において副流煙を受けまくりの環境にあったのである。 
     60歳代といえば色々な病気を発症し持病を抱えてる年代であるが、彼らの世代に有意に肺病罹患率が高くなければ理屈にあわないではないだろうか。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2020/04/20(月) 09:03:19 ID:574d86772 返信

      こんにちわ。
      返事が遅れて申し訳ありません。
      ずうと他の作業をしていたものですから。

      たしかに大気汚染に関しては言えば自動車その他も原因であるので、
      マイカー規制に関しては賛成です。
      とくに不要不急、趣味で乗るクルマですね。
      ただ、そちらもおっしゃるように、物流を担うトラックや
      通勤車両もあり、一次産業の特殊車両もあります。
      タバコには後者に当たるものがないと思われます。
      あなたの複合汚染以下の論理に関しては、喫煙由来死者の統計を出している厚生労働省や日本医師会に忠告していただくことですね。
      たしかにあなたの言うように、事情はもっと複雑であり、統計が単純化している可能性はあるようです。
      ところで、肺がん検査は受けていますか?
      あれは患うと死ぬほど苦しいのが続くらしいので、リスクとなるタバコはやはりやめたほうがよいと思います。

  3. 名前:rakan 投稿日:2020/04/23(木) 22:43:38 ID:1b004048e 返信

    あまりお調べになる気がなさそうなのでこれぐらいにしておきますが、医師会には煙草害悪論を推進したい意向があるようです。かつて日本衛生学会において非喫煙者のほうが好ましくない結果が出たりして随分と紛糾したことがあり内紛をおこして煙草関連の調査について見苦しい宣言を出していたこともありました。
     時節柄追記しておきます
    1,定期的な漂白剤の使用が致命的な肺疾患のリスクにつながる
    「週に1回以上、消毒剤(漂白剤)を使用した場合、慢性閉塞性肺疾患を発症するリスクが最大32%増加する可能性がある」

    2,中国の喫煙率は50%だといわれているのですが、有名な禁煙専門家で、新探健康発展研究センター元センター長の王克安氏によると、鐘南山院士のチームによる科学研究論文「2019年中国新型コロナウイルス感染の臨床上の特徴」は、感染者1099人の臨床上の特徴を振り返り、分析を行った。うち喫煙患者137人のうち重症者は29人で、重症の割合は21.2%。非喫煙患者927人のうち重症者は134人で、重症の割合は14.5%だったそうです。研究データを見ると、喫煙者の方が重症の割合が高いことが分かりますが、この文章のトリックにお気づきなられるでしょうか?(もう一度書きます。中国人の喫煙率は50%だそうです。)

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2020/04/24(金) 01:57:40 ID:4fadd2c2e 返信

      つまり喫煙者はコロナにかかりにくい、と言っているわけでしょう。
      ただ、肺がんなどのリスクは高いわけですから、小さな一時的アドバンテジでしかないですね。
      医師会とかに政治的意志があるとか言いはじめたら、まあ少しは事実かもしれませんが、キリがないですよ。
      喫煙者側もほとんどは自分の損得で主張しているわけですから。

  4. 名前:rakan 投稿日:2020/04/24(金) 10:10:12 ID:46922b4c9 返信

    あなたは自分が何を言ってるのか自分で理解してなさすぎではないですか?
    あなたはこの記事でこう書かれていますよ?
     

    人々に恐怖感を植え付けるマスコミ報道がすさまじい。
    まるで恐怖を煽り立てて意図的にパニックを引き起こそうとしているかのようです。
    「人命を守るため、あなたを守るため」と言われれば、まるで羊のように
    この辺は賢いやり方
    自らが檻の中へ入っていくように仕向ける・・・昔からの支配層の大衆操作手法です。

    しかし、「どうもバランスを欠く」と疑問に思うのは私だけでしょうか

    私はあなたのこの意見を強化するための疑義提議を添えたコメントをしたのですが
    どうやらあなた自身がすっかり洗脳されていらっしゃるようです
    最低限、『「ニコ中プレミアム」という上乗せが必要』だとかいう暴言は撤回しなさい

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2020/04/24(金) 17:49:35 ID:4fadd2c2e 返信

      こっちが忙しい時間を割いて丁寧に対応してやってるのに
      上から目線で「撤回しなさい」とは礼儀知らずなやつだな。
      おれは禁煙ファシストだから、ニコ中に対しては容赦しねえんだよ。
      分かったか?
      もう二度と書き込むな。
      もう二度とサイトに来んな。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2020/04/25(土) 02:43:08 ID:fd7174a5d 返信

      斉藤一人さんの言っていた「時間泥棒」そのままだな。
      世の中には、おまえみたいに、
      他人の迷惑も分からずに、不用意に長々と質問を繰り返して、
      答えることを相手に強いて、自分のために他人の時間を奪うだけの人間がいる。
      付き合わされる相手の迷惑のことは考えずに、全部、自分の欲求のためだけに、そういうことを平気でやる。
      それでこっちが時間を割いて付き合ってやったら、このザマだ。
      段々、おまえみたいな人間に腹が立ってきたな。
      何が「撤回しなさい」だ、何が暴言だ、おまえが撤回しろ、このクソが。
      消えうせろ。