スポンサーリンク

小沢一郎と小泉純一郎の「二人の一郎」のやや危ない話

おっと、いかん、いかん。

前回は「親鮮組」局長、もとい「れいわ新選組」の山本太郎に対して、アドバイスめいたことを言ってしまったぜよ。

「政策力」なんて最初から期待していないから、このまま磨かなくていいぞ。

だいたい、山本たちはいかにも庶民の味方ヅラして安倍政権の腐敗を糺すみたいな姿勢だが、山本がコンビを組んだこの男(左)が、日本で一番腐敗した政治家だから。

こいつはもともとロックフェラーのパシリをやっていて、やつらの期待通りに成果出せなかったから、捨てられて、それで逆恨みして、反逆者になっただけだぜよ。

冷戦終結後、世界支配層はいったん自民党を見限った。で、手下の小沢を自民党から出させて新党を結成させて、こいつに政権を取らせようとした

それが1994年の終わり頃に出来た新進党なるものの正体。

しかし、1996年10月の衆議院選挙で、新進党は政権をとれなかった。

日本操作担当のロックフェラーにしてみれば、

「せっかく超円高誘導と阪神XXXXXまで引き起こして、村山政権の無能ぶりを国民の眼前にさらしてやったのに、なんたる大失態だ!」てなもんである。

ロックフェラー自身が、その他の欧米超国家権力の一族から「何をやってるんですか、ポスト冷戦の計画が進みませんよ」と、恥をかかされたのである。

それで小沢は、激おこのロックフェラーから「降板」させられた。

もともと現在の自民党は、逆コース時代の「反共政権」としてCIA主導で作られた

ほぼ同じ頃、アメリカが新たな日本の体制における自分たちの手下として引き上げたのが、巣鴨プリズン・サバイバーの岸信介や笹川良一らであった。

つまり、マルコス政権とか、パク・チョンヒ政権とか、ゴ・ディン・ジエム政権などの、うさんくさいアジアの反共政権と、言ってしまえば同類の存在なのだ。

「冷戦用政権」で、しかも面従腹背と取られたから、自民党は用済みと思われたのだ。



超国家権力から支援されても政権を取れなかった小沢一郎と新進党

当時の公明党の動きをよく見るといい。

実はそれがポイントになっている。

公明党のバックである創価学会が何なのかが分かっていると、話が早い。

戦前、創価学会は国家権力から猛烈に迫害された。だからこそ、戦後、日本の国家権力の監視役として、XXXから引き抜かれたのである。

だから、創価学会は「ジャパン・ハンドル・システム」の重要な一部なのだ。

公明党は、小沢一郎が自民党を離党した直後から、互いに接近し、戦後初の非自民政権となった「細川護熙連立政権」の誕生を後押ししている。

ただし、これはウルトラ連立という不安定さであり、しかもスキャンダルですぐにパタリと倒れてしまった。そこで、当時の「超国家権力≒小沢一郎」ラインが構想した本格的な政権政党こそが、1994年の終わり頃に発足した新進党だったのである。

当然、公明党はこの小沢の新進党を後押しし、自らも合流している。

で、対する当時の自民党もまた、社会党(社民党)と連立して、パートナー側の村山富市を首相に立てるという奇策によって政権を奪い返した。

そして、自民党は創価学会と公明党を猛然と攻撃した(笑)。

で、上で言ったように、この村山政権を引き摺り下ろして小沢に政権を取らせるために、超国家権力は異常な手段で日本を攻撃した(小沢も“了承”したと聞くが・・)。

この小沢一郎には、地獄行きエクスプレスが用意されているのではないか。

それはともかく、公明党の支援を受けて、さらに村山政権に人工国難をぶつけて、そこまで援護射撃してもらっても、この小沢の新進党は敗北した。

それで世界支配層的には「やはり自民党にやらせよう」という流れになったようだ。

その方針が、またその後の小沢の動きとして、あるいは日本の政治の動きとして、露骨に表れているから、本当に嫌になるのだが・・・。

実は小沢一郎の代わりとして担がれたのが小泉純一郎だった

敗北後、小沢の新進党は空中分解した。

超国家権力は「いったん捨てた飼い犬」(自民党)をまた拾った。

おそらく、自民党と創価学会の両方に指令が下ったのだろう。キングメーカーの竹下登が創価学会会長と密談を重ねて、将来の協力体制を模索し始めた。

一方、1998年に小沢は自由党を結成して党首に収まった。

この後、自民党と小沢の自由党が連立

推測だが、超国家権力は、小沢に対して、「また古巣と協力したら、総理になれる道も用意してやろうじゃないか」と、エサを投げたのだと思う。

さらに公明党も「自自」に合流して、1999年10月の「自自公連立政権」の誕生へと繋がっていったことはご承知の通りである。

一般には、この流れは、議席の確保という選挙力学だけで説明されている。

しかし、あれほど憎み合った者同士が、こうもしれっと仲間になれるものだろうか。そこには、何か戦後日本の始まりと共にある巨大な力が働いているとしか思えない。

国家権力の監視役であるはずの公明党は、連立直前、急に、周辺事態法や通信傍受法、(将来の国民背番号制へと繋がる)住基法改正などで、自民党への積極協力を始めた。

ポイントはあえてこの時期に、「自民党と公明党が組んだ」という点である。

ちなみに、小沢はこの「自自公連立政権」で近く自分が総理になれると思っていたようだ。しかし、超国家権力側はもう別の人間を将来の代理人として立てていた。

それが小泉純一郎だったのである。

小泉純一郎の「自民党をぶっ壊す!」というスローガンの真意は何だったのか。

世界支配層が見限った「古い自民党」において、彼はずっと非主流だった。

それゆえ、小泉純一郎は“ネオ”自民党の総裁ひいては総理になれたのである。

そして反逆者となった小沢一郎、また民主党政権時代の不可解な国難について

さて、自分はやはり見捨てられていたと悟った小沢一郎は、連立を離脱した。そして、今度は、世界支配層に対する反逆者としての道を選ぶようになる。

他方、自公連立“新世界秩序協力”体制は、まず党内序列から森喜朗を初の本格リーダーとして選ぶが、彼はもともと暫定であり、「神の国発言」などという、実に些細なことでメディアから猛バッシングを受け、すぐの退陣を余儀なくされた。

そして迎えられたのが「本命・小泉純一郎」である。

背後の超権力の思惑通りだ。この後、小沢が「民主党政権樹立」という渾身の巻き返しを一度だけ成功させたことはご承知の通り。

ところで、私が民主党政権時代で、どうも解せないと思うことがある。

それがあの2011年の「3・11」の発生だ。

これが人工地震と言う人もいるが、私には事実かどうか分からない。本当に知らない。

しかし、村山政権時代に行われた人工地震攻撃とそっくりなことは確かである。何よりも一番似ているのは、物理現象よりも、両時代の政治的な状況のほうだ。

しかも、場所が東北であり、小沢の地元に近い。

あと、李明博大統領の「竹島上陸挑発事件」と、次期主席内定済みの習近平による「尖閣諸島侵犯挑発事件」である。まるでこの時期に民主党政権をピンチに追い込むことを目的として起こったかのような事件である。本当に「偶然」だったのだろうか。

ところで、世界支配層のパシリどもには、互いに「近親憎悪」がある。

例えるなら、同じ主人に仕える妾同士のいがみ合い(笑)。

かつて小泉純一郎全盛の頃、中曽根康弘との仲の悪さは語り草だった。

中曽根にしてみれば「もともとおれのほうが寵愛されていたのに」てなものだろう(笑)。

で、興味深いことに、今、この中曽根の立ち位置にあるのが小泉純一郎らしい。

小泉純一郎は少し前から、安倍晋三に対して嫉妬を大爆発させている。

ついこの前、長らく敵対関係にあった小泉純一郎と小沢一郎が、30年ぶりに話し合って、「脱原発」(たぶん反安倍も)で共闘を確認しあった動きも、実に興味深い。

出典:産経新聞

私はここに二つの意味を嗅ぎ取った。

一つには、お古になった妾と、捨てられた妾の、似た者同士の友情

自分たちが同じ様な境遇にあることは、二人にしか分からない気持ちである。

そして、もう一つは、今言った「3・11」に関係する。

どちらも、自分たちの主人がやった犯罪である真実を、知っているのではないか。

もしくは、当時蚊帳の外だったとしても、なんとなく気づいているのではないか。

それで焦燥すら滲ませて急に「脱原発」を言い始めた。ただ、小泉氏の頭ではエネルギー問題は荷が重過ぎる。私は独自のエネルギー戦略を考えることもできる。

小沢一郎はもうすぐ心臓麻痺あたりで死ぬだろう。

その前に、知っていることは、洗いざらい暴露してもらいたいものだ。

(*私から読者へのお願い。グーグルが法人上げのアルゴリズムに変えて、個人サイトの検索を絞り始めました。何でもいいから、ツイッターで呟いたり、フェイスブックで取り上げてもらえると助かります)

『小沢一郎と小泉純一郎の「二人の一郎」のやや危ない話』へのコメント

  1. 名前:河合範安 投稿日:2019/07/24(水) 22:57:46 ID:cd8e2deda 返信

    なんであなたは山本太郎のれいわ新選組ばっかり執拗に叩くの?
    今までの1989年以降の日本経済の低迷は山本のせいなの?
    今の40才代の失われた世代のロスジェネの発生も山本のせいなの?
    山本は数十年間、ずっと前から政治家だったの?
    派遣を大量に発生させたのは山本なの?

    違うでしょう。
    今の日本経済の低迷は、今までの自民党・民主党・小泉・竹中・小沢等の面々が元凶でしょう。
    それなら今までの政治家や現在の与党の安倍自民党こそが、れいわ新選組や山本太郎なぞより批判せなあかんでしょう。
    現に安倍自民党は与党で政権政党なのだから、山本の小政党とはわけが違う。
    山本は小沢と組んでたからダメだって、それなら安倍も小泉の部下で竹中もブレーンの一人だったからダメでしょう。
    今、海外に莫大な日本のマネーをばらまいて売国してるのは山本ではなく安倍なのであります。
    それとも安倍総理を批判できない理由でもあるの?

    それとあなたは以前、財源は国債発行すればいいと言った方々に国債はダメだと言ったそうですね。
    国債は100年以上前の明治維新の時からどんどん発行量が増えてきてますし、毎年増やしていくものです。
    そもそも資本主義とは政府債務すなわち国債を増やし続けていくシステムですから、借金が嫌なら共産主義しかありません。
    政府の借金が増えれば、それとほぼ同額の国民や企業の資産がどんどん増えるから問題ないのです。

    自国通貨建の政府の借金は、インフレ率や金利の許容範囲内なら無限にできます。
    供給能力の高い先進国でのハイパーインフレなんてのは、れいわ新選組の経済政策程度では起きません。
    戦争や大災害で供給能力が激減し、物資の調達が出来ない時に起こります。
    日本やドイツでのハイパーインフレは戦争での物不足が原因でした。
    ですから、日本で仮にハイパーインフレが起きるとしたら、南海トラフ地震が原因でしょう。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/07/25(木) 10:27:42 ID:60e08ec6b 返信

      こんにちわ、河合範安さん。
      実名でコメントされたことに対して敬意を払って、こちらも礼儀正しくしたいと思います。

      まず誤解というか誤読があるように見受けられます。
      私は「国債発行自体が駄目」とはどこにも書いてませんし、今まで一度も言ったことはありません。
      よく読んでいただけるとお分かりいただけると思います。

      もし、あたなが主張するように、私が「国債発行自体が駄目」と書いているなら、その箇所を示してもらえるでしょうか。
      この点はまずお願いしたいです。

      そもそも、日本はずっと毎年数十兆円の国債を発行し続けて、それで年度の財政バランスを
      維持していますから、国債発行を停止した時点で即デフォルトになります。
      だから、それをよく知る私が、そもそもそんな非現実的なことは主張するはずがありません。

      私が言っているのは、もうすでに「毎年数十兆円」の国債を発行して財政を補填しているのに、
      山本太郎公約だと、これがさらに7、80兆円に膨らむので、税収よりも多く借金してよいのかという意味です。
      今でさえ税収60兆円に対して、歳出は100兆円です。
      差額はほとんど国債です。このことはご存知ですか?

      緊縮財政の意味は複雑ですが、第一義は歳出を縮小することです。
      その意味においては
      日本の歳出は現在「史上最大」規模なので、そもそも本当に「緊縮」かどうか疑問があります。

      それと、あなたのブログを読みましたが、ちょっと表現がまずくないですか?
      私は弁護士に相談しようと思いますが。
      脅しではなく、私は今訴訟を抱えていて弁護士とは頻繁にメールのやり取りをしていますので。

  2. 名前:河合範安 投稿日:2019/07/25(木) 10:46:12 ID:6422a742b 返信

    分かりました。
    ただ、山田さんが山本太郎支持者に対し、糸こんにゃくで首をどうのと書かれたから感情的になっただけです。
    一応誠実な解答をいただけたので記事は削除致します。
    ただ、どうしても裁判で訴えてこられるなら、糸こんにゃくの件もスクショでとらせていただいたので、そのことを含めたものになります。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/07/25(木) 14:01:13 ID:60e08ec6b 返信

      河合範安さんねえ
      糸コンニャクでクビでもつれや、なんて文句は、
      普通は冗談だと受け流すものだと思いますが、
      なんですか「スクショ」って?
      別に構わないんですが、保存してなんか意味があるのかなあと不思議に思いますが。
      もしかして河合さんは、私があなたや山本支持者を「糸こんにゃくで絞め殺すと脅迫している」のだと、受け取ってないですか?

  3. 名前:あらら 投稿日:2019/07/25(木) 11:31:45 ID:24859e461 返信

    あはははは
    いつも小沢の叩き記事が出たか・・

  4. 名前:タモツ 投稿日:2019/07/25(木) 17:52:25 ID:a591423e0 返信

    山田、小沢さんをツッツいていれば、安部の能無しが隠せると思っているようですが☆それは無理ですね‼️あんたらの様奴が日本をダメにしているんですよ‼️

  5. 名前:リアル通りすがり 投稿日:2019/07/25(木) 18:39:44 ID:483b3b844 返信

    >なんであなたは山本太郎のれいわ新選組ばっかり執拗に叩くの?
    >今までの1989年以降の日本経済の低迷は山本のせいなの?
    >今の40才代の失われた世代のロスジェネの発生も山本のせいなの?
    >山本は数十年間、ずっと前から政治家だったの?
    >派遣を大量に発生させたのは山本なの?

    こんな質問されても山田氏には答えようがないと思うが・・w

  6. 名前:河合範安 投稿日:2019/07/25(木) 20:38:04 ID:253831d4b 返信

    まあ、私はキレやすいところがあるのは事実です。
    山田さんにそのことで迷惑をかけてすみませんでした。
    山田さんが訴訟にしないのでしたら、こちらも糸こんにゃく云々についても特に言いません。

    ただ、税収より多くの歳出でも問題ありません。
    世界の先進国の国々も、毎年歳出は史上最大値を更新し続けてますから。
    どの先進国も新規国債を発行してますし、資本主義とは国債をどんどん発行していくシステムです。

    山本太郎の言う70兆、80兆に予算が増えるぐらいなら、数%のインフレ率で収まるでしょう。
    南海トラフ地震が勃発して復興の為に500兆円の歳出をするとかなれば、インフレ率数十、数百パーセントのハイパーインフレになるかもしれませんが。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/07/25(木) 20:55:36 ID:60e08ec6b 返信

      まずリアル通りすがりさんの二番目の投稿は消させてもらいました。

      河合さんもどうやら日月神示とかに興味あるようで、
      私とそれほど考えが違うわけでもないようですから、
      私たちがここで経済政策の考えの違いくらいでいがみ合っても仕方がないでしょう。
      というわけで互いに水に流しましょう。

  7. 名前:河合範安 投稿日:2019/07/25(木) 21:59:01 ID:253831d4b 返信

    ありがとうございます。
    日月神示等の予言物はいろいろと調べたことがあります。
    今回の件は私の怒りやすい性格が起こした件で山田さんには大変迷惑かけて申し訳ないです。
    冷静に考えれば、おっしゃる通り、政治論・経済論は政治家や学者の世界でも意見が異なるので、素人の私がいがみあってもしょうがないですね。
    今後はこのようなことがないよう気をつけて参ります。

  8. 名前:「神々のアジェンダ」愛読者 投稿日:2019/07/26(金) 00:56:23 ID:219ecae76 返信

    横から失礼しますが、ブログ主様と河合様が和解されて何よりです。
    どちら様も日月神示をよくご存知でしょうから、やはり和合することが大事であることをよくお分かりのご様子。

    山本太郎氏の言動については、確かに大衆、弱き者の味方というイメージを前面に打ち出し、具体的な数値を示して語るところが、既存の政党や議員のスタイルとの差別化、長期に渡る経済停滞に不満や閉そく感を抱く人々の多くを丸め込むのに成功したように思われます。

    しかし、言葉甘い理想論を無責任に語るだけという点では共産党や元民主(ネームロンダリングによるなりすまし連中)とそう変わりはないのです、実際。
    加えて、山本氏のブレーンの正体や選挙で共産党達と共闘している姿から判断すると、いわゆる「革新」、「創造的破壊」を信条とする小沢、小泉に反日野党勢力といった、綿々と受け継がれるアンチ主流派、売国権益奪取派の別働隊にしか見えません。ちなみに売国奴は与党政治家や官僚の間にも既得権益死守側の人間が少なからずいることでしょう。

    本記事では、自民党の成り立ち、また小沢さんや小泉さんと彼らが仕えてきた超国家権力との関係が体系的、時系列的に解説され、大変勉強になりました。

    今後も「安倍首相の消費税増税/財務省に対する真意」、「安倍首相と麻生副首相との関係」、「ポスト安倍体制予想」、「MMTに関するステファニーケルトン教授、三ツ橋貴明氏や藤井聡氏の解説の正当性」、ネット上で都市伝説になっている「笹川良一と畑中理が兄弟で上田王仁三郎の親戚筋にあたり、同じく創価初代会長と二代目会長も上田家の家系に繋がる」説の真偽などについて、ぜひブログ主様の徹底されたリサーチと分析解説を希望致します。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/07/26(金) 16:13:10 ID:9f541fabb 返信

      私も山本太郎本人よりも回りに隠れている活動家に警戒しています。
      反日ということに関していえば、何かが反日で、何が売国は、難しい。
      というのも、未来とか、結果は、また別の問題になってくるからです。
      だからイデオロギーレベルで判断すると、ほとんど結果を間違えるんですね。
      あと、笹川良一と畑中理と王仁三郎の血統の話ですが、私にも厳密には分かりませんが、たぶんほとんどデマだと思っています。
      あの横田めぐみさんが金ジョンウンの母というのも完全なデマで、デマの出どころが英米の情報機関なんですね。
      素人もいるが、プロ筋がかなり手の込んだデマをばら撒いていて、何の意図でやっているのか、私も理由が今ひとつ分かりせん。
      私にも分からないことだらけで、愛読者さんのご期待にそうのは、難しいと思います。

  9. 名前:重岡 投稿日:2019/07/27(土) 12:46:18 ID:4d56b3c05 返信

    山田氏が 執拗に山本太郎を攻撃している とか書いている人がいるが
    ここの山本太郎関連の記事を全部読んでみても、全然執拗とも攻撃とも感じられないのだが、これはオレだけか?
    どう読んでも、山田氏は 山本太郎のここが間違っている とたんたんと記しているだけで、執拗さなんてどこにも感じられない。
    それ自体がただの言いがかりで、支持者の被害妄想でしかないように思えるのだが。
    むしろそう書いている本人が、一方的に感情を爆発させて、被害者意識をつのらせているだけにしか見えないのだが。
    山田氏が 糸こんにゃくで首でも釣ったら と書いているのは誰が見てもジョークだし、それを指して「山田高明が山本太郎支持者に死ねと言った!!!」などとわざと曲解して誇張するほうが、卑怯でデタラメ。
    逆に藁人形論法で山田氏を貶めているだけにしか見えない。
    山田氏のほうもちょっと相手に優しすぎるのでは? 
    ちゃんと訴えるべき。

  10. 名前:今度九州に来てちょ 投稿日:2019/07/30(火) 09:06:46 ID:214ef5268 返信

    無料で記事を読みに来て
    そこに自分の思いこんでいる内容と違うことが書いてあるのを見て
    それでキチガイみたく発狂する精神性がまったく理解できないw
    粘着された山田さんが可哀相w

  11. 名前:通りすがり 投稿日:2019/08/01(木) 02:42:44 ID:557368b35 返信

    自分の勘違いで発狂して山田高明氏を悪魔か何かと見なして攻撃するって・・・・・青葉そっくりじゃね?
    ぜったい危ないわ、この人

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/08/02(金) 09:09:11 ID:affda5e7c 返信

      この記事の欄は、これ以上の書き込みは禁止しますので。
      以後、ここには誰も書かないでください。

  12. 名前:フリー座ファン 投稿日:2019/08/09(金) 22:35:41 ID:eb8111f39 返信

    河合範安って人は本当に奇妙な人ですね。
    興奮して書きなぐっていることが元来この記事の中身と全然関係がない。
    読めば読むほど気持ち悪い文章と言わざるを得ない。

    >>なんであなたは山本太郎のれいわ新選組ばっかり執拗に叩くの?

    見る人間が歪んでいるとここまで事実を歪めて受け取るのかと呆れる。
    フリー座をずっと読んでいるけども山田氏がれいわ新選組ばっかり執拗に叩いていると感じたことはただの一度もないね。
    山田氏は実に論理的に間違いを冷静に指摘しているだけ。
    こういう人物は横から見ていても大変不愉快。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/08/10(土) 12:45:22 ID:60c6a4e91 返信

      だからもうやめれって