スポンサーリンク

スティーブン・グリア博士の『シリウス』が無料公開!

映画『Sirius(シリウス)』の一場面

みなさん、こんにちは

最近ちょっとスランプ気味で、更新が遅れていて申し訳ないです。

あの「ディスクロージャー・プロジェクト」を率いたスティーブン・グリア博士のことはすでにご存知かと思います。グリア博士はエイリアンとの正式な交流を目的とするCSETI(Center for the Study of Extraterrestrial Intelligence)の創設者です。

CSETIは「シーセッティ」と読みます。日本にも支部があります。

2001年5月、グリア博士は、政府高官、軍人、NASA科学者などを集めて、UFO・エイリアン問題の真相を暴露する公開「ディスクロージャー」を行い、センセーションを巻き起こしました。当時、私も大変興奮したものです。

あの「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」のケースもありました。凄まじく巨大な飛行物体で、回転しており、ジャンボ機を執拗につけ回しました。機長は「あれは人間が作ったものではない」と証言しました。今だったらスマホで撮影できたのですが・・。

しかしながら、すぐに「9・11」が起こり、大衆とメディアの関心が別の方向へと向けられて、博士の重要なプロジェクトはいきなり腰を折られてしまいました。

そのグリア博士は『UFOテクノロジー隠蔽工作』という本を書いています。

はっきり言って、私がこれまでに読んだUFO関連書籍の中では、群を抜いて格調高い内容です。博士ほどエイリアン問題の本質を知る人はいないでしょう。

UFOテクノロジー隠蔽工作

さて、この『UFOテクノロジー隠蔽工作』を下敷きにして、大幅に新たな内容を付け足して制作された映画が、この『Sirius(シリウス)』です。

ちょうど6年前、2013年4月に公開されました。

それがユーチューブで普通に日本語版が公開されていたんですね。

(極秘映像 Top secret footage “Sirius” Japanese “full version”

このユーチューブ版が公開されたのが約3年前で、クレームが付いていないことから、許可を得ているのか、又は黙認されているのか、どちらかだと思われます。

だからここで貼っても、まあ大丈夫だろうと判断しました。

大変興味深い内容なので、オススメです。是非ともご覧を。

私は個人的に、エイリアン問題と「影の政府」の深い関わりが白眉かなと。

なぜエイリアン・テクノロジーは封印されているのか。とりわけ、なぜフリーエネルギーの技術が封印されてきたのか。それは「影の政府」の人類支配と深く関わっている。

端的に言えば、国際銀行家のグループはまた化石燃料をも支配しているということ。

私たちの経済活動は、ほとんどの場合、何らかの形でエネルギーの消費を伴います。家庭も、企業も、今の暮らしを維持するだけで、石油・ガス・電力を消費していきます。移動するにも、食糧を生産するにも、鉄を作るのにもエネルギーが要ります。

消費するということは、エネルギー資源を「買う」ということです。私たちは電力会社に電力消費の代金を支払いますが、電力会社はその金で発電燃料を買っています。

19世紀に、オイルランプが発明されました。それまでの蝋燭照明とは比較にならない明るさでした。そして、その燃料に灯油が適していることが分かった。

そこで当時の世界支配層は、一石油業者に過ぎなかったロックフェラー青年を選抜して、彼に莫大な融資を行い、鉄道資本を協力させて、全米の油田を押さえさせました。

人々はオイルランプを購入すれば、何十年と使います。つまり、オイルランプという製品の消費は一巡します。しかし、燃料の灯油は毎日消費します。だから、油田を押さえたものは、人々から毎日、小銭を徴収することができるわけです。

これと基本的に同じ構図が、ずっと、今の今まで続いているわけです。私たちがエネルギーを消費するたびに、その代金を受け取っている者たちがいるのです。

だから、「影の政府」は、グリア博士いわく「ゼロ点エネルギー」の存在が知れ渡り、普及することを恐れて、今まで散々、フリエネ技術を潰してきたわけです。

そして、エネルギー資源の少ない日本こそ、本当はフリエネ技術の開発を目指すべきなのですが、あいにく、戦後の日本政府はずっと「首輪」を付けられています。

しかも、私たちはそれが「非科学」であるかのように信じ込まされています。

フリエネの社会的インパクトは凄まじいです。

たとえば、日本一国の最終エネルギー消費は、約4兆kWhです。

資源エネ庁の資料では「ジュール単位」なので、これは、私が分かり易いようにわざわざkWhに直したものです。これは私が初めてやったことです。

その内、約3兆kWhは化石燃料製品の消費です。たとえば、内燃車でガソリンを消費するとか、製鉄で石炭を燃やすとか、家の給湯や調理に都市ガスを使う等です。

そして、1兆kWhは電力消費です。モーターの回転や照明等に用いられます。

ただし、これは二次エネであり、その1兆kWhの電気エネルギーを生むために、電力会社で化石燃料を燃やしています。たとえば、石炭とLNGが共に5千万トンほど。あと重油を少しという具合に。「3・11」のせいで、日本は石油火力に逆戻りしました。

つまり、この「内1兆kWhは電力消費」も、元はほぼ化石エネルギーなのです。

したがって、日本の最終エネルギー消費「約4兆kWh」は、ほとんど化石エネルギーの消費を意味しているわけです。

そして、その大半は輸入です。つまり、海外から外貨で買っているわけです。

最新の資料は見ていませんが、たぶん、年間20兆円くらいの支払いのはずです。

私の調査では、今では、製鉄以外は、ほとんど電気エネルギーに変換可能です。よって、フリーエネルギーによってダイナモを回すことができれば産業革命、否、社会革命が起きます。水素還元による製鉄が確立すれば、CO2の排出量もゼロに近くなります。

長話になってしまいましたが(笑)、要はフリエネこそ日本の進むべき道なのです。

私も口先だけでなく、自分で参入していこうと思っています。まあ、あと数年くらいかかりそうですが・・。フリエネ以外にも、反重力もやりたいと思っています。

ところで、世の中には、こういった活動や内容に対して「トンデモ」の烙印を押す者たちがいる。たしかに、この分野には、質量とも凄まじいトンデモが混じっている。

玉石混淆というよりは、大半は「石」ばっかりというのが真相だろう。

しかし、どうも、それは意図的にそうされているのではないか、という気がします。

つまり、本物のダイヤモンドの在りかを分からなくするために、大量の偽物をぶちまけるという、古典的な情報工作です。情報機関が主体となってやっています。UFO研究家と陰謀論者も、その工作にうまく使われている人が多いです。

しかし、私の見るところ、スティーブン・グリア博士はそうではない。彼のすべてが正しいとは思いませんが、それでもうまく情報工作の魔の手をかわしている。

だから、こういった分野について正確な知識を持ち、理解を深めるためにも、ドキュメント映画『シリウス』はオススメなのです。

『スティーブン・グリア博士の『シリウス』が無料公開!』へのコメント

  1. 名前:rakan 投稿日:2019/04/18(木) 19:57:46 ID:690d3b2a9 返信

    スランプだったんですね。季節の変わり目でしたし、ご自愛くださいね

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/04/18(木) 20:25:43 ID:c03694e4b 返信

      ありがとうございます。

      現在、どうもやる気というか、精神的パワーというか、意欲の低下が起きています。

  2. 名前:rakan 投稿日:2019/04/19(金) 19:59:39 ID:af94c7ae2 返信

    僭越ながら。 復習なかんじかもとおもいますけども、
    気を高める方法として
    1,ラジオ体操を2-3回続けてやってみる (とにかく筋肉と血管の刺激になることをする)
    2,朝の9-10時までの日光を浴びる (セロトニン生産スイッチの刺激)
    3,自然と触れあう。 (理想的なのは素手で土を触る。素足で土を踏んで感じること)
    4,できれば砂糖などの入ってるものを避ける。(味付け程度の甘みは可)

    ここらあたりが出来ていないようなら、まずはここから!ですw

  3. 名前:rakan 投稿日:2019/04/19(金) 20:04:42 ID:af94c7ae2 返信

    つまり、朝の10時ぐらいまでに公園などにいって、素足になって
    なんちゃって太極拳だとかなんちゃってラジオ体操だとか、そういうのをやってみるのが一番簡単だとおもいます。帰り道で朝マックとか食べてもそれはいいじゃないかとおもいマス!w

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/04/20(土) 18:03:41 ID:574d86772 返信

      ありがとうございます。