スポンサーリンク

水に落ちた韓国は棒で叩くべきか?

さて、前回、「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を配備した韓国に対して、中国がありとあらゆる嫌がらせをしているという話をした。

この流れからして、当然“日韓の連携”を訴える結論に行き着くはず、と想像する人も多いに違いない。

たしかに、「人間たるもの、清く正しくあらねばならない」と信じる私たちは、中国の卑劣な韓国苛めを見て、義憤に駆られる。また、戦略的な観点から「今こそ韓国を中国側から引き離してこちら側に引き寄せるチャンスではないか」とも思ってしまう。

この「正義感」と「地政学的理由」という、一般的な日本人の価値基準からすると、韓国に味方するのは疑うべくもない常識であるかのように思われる。

しかし、「ちょっと待った!」と、ストップをかけたい。実はそれが今回の趣旨である。思い起こせば、私たちはいつも「これ」で失敗してきたのではないか。日清戦争の時もこういう心理だったに違いない。今こそ苦い教訓を思い出すべきだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国際的役割というものを自覚してこなかった「小中華」そのまんまの国

韓国がこれまで日本に対してやってきた卑劣姑息な反日・卑日・侮日の数々を思い出してみよう。もう多すぎて、いちいち例示するのも嫌だ。

要するに、韓国という国は、これまで日本人が嫌がることだけをしてきて、それ以外のことは一切やらなかった・・そう言える反日教(狂?)の国である。

そう思うと、まさに今の中国の同類か、それ以下ではないだろうか。

その上、韓国の場合、日中関係が悪化すると、これまで必ず中国側について卑劣な日本叩きをやってきた。まさに「虎の威を借る狐」を地でいく卑怯ぶりである。そうすると、中韓関係が悪化したからといって、何で助けてやらねばならんのかと思う。

仮に韓国が日中の間を取り持つ外交をしていれば、今ごろどれほどアジアで尊敬されていたことだろうか。だが、韓国人は、国民病が疑われるほど視野狭窄だ。だから、せっかく仲介者としての役割を発揮できる稀な立場にありながら、これまで一切、アジア地域社会の関係改善に貢献しようとはしなかった。

いや、チャンスを逃してきたどころか、先頭に立って近隣諸国間の憎悪とナショナリズムを煽る真似をやってきた。だから、いったん日中関係が修復すると、韓国は両国からスルーされるということを繰り返してきた。それでいて、東アジアにおける外交的存在価値を常に問われてきたその経験から何も学ぶこともなく、ただ単に「わが国を無視するな」という不平を他者に向けるばかりで、とうとう今日まで来てしまった。

なぜ「情けは韓国のためならず」なのか?

だから今回は、あえて従来の常識に反して、「韓国に対して同情する必要も、味方に引き寄せる必要も、まったくなし」というふうに考えたらいいのではないか。

実際、ここで助けてしまうと、結局いつもの繰り返しになると思うのである。安易に韓国の味方をしてしまうと、「日本がわれわれを助けるのは何か下心があるからだ」とか、「私たちにそれだけの価値があるからだ」などと、どうせそういう捻じ曲がった考えをするに決まっている。そして、元の鞘に収まったら、また中国と組んで「日本苛め」に精を出すだろう。つまり「またしても恩を仇で返される」というわけだ。われわれは、韓国人がそういう民族だということを、これまで嫌というほど見てきた。

ちなみに「水に落ちた犬」で検索するとこの画像がトップで出てきたが、どうやら韓国人を揶揄ったものらしい・・・

だから、韓国人の捻じ曲がった根性を叩き直すためには、むしろ普段とは逆の行動を選択したほうが効果的かもしれない。つまり、あえて中国の韓国苛めに加担するわけだ。

当然、韓国は猛反発してくるだろう。中国よりも日本のほうを恨んでくるかもしれない。だが、「これは韓国がいつもわれわれに対してやってきたことだ」と言い返せばいいのではないか。人間、やはり「やられる側」の立場になってみないと、なかなか“痛み”は実感できないものだ。

最近、中国人が韓国の国旗を踏みつけたり、侮辱したりしているが、それを見て心に痛みを感じてみて、はじめて自分たちが日本に対してやってきた行為の意味も理解できようというものだ(もっとも、あまり自覚していないみたいだが・・)。

もしかして復讐してくるかもしれない。しかし、どっちにしても、恩を仇で返してくるわけだから、同じことである。むしろ、今までの「情け」が韓国の反省・更正の機会を奪ってきたのだから、案外、逆にそういう機会の提供になるやもしれぬ。

いずれにしても、韓国が自分の身勝手なエゴを満たすことだけを考えて、アジア地域全体の利益といった「みんなのこと」(≒国際的責任)は一切考えない国である限り、助けるだけ無駄であり逆効果ですらある現実は、もう嫌と言うほど思い知られてきた。

だから、今度は一度「水に落ちた韓国」を棒で叩いてみたらどうだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク