スポンサーリンク

北朝鮮がこれから強いられる地獄の三択と安倍総理の辞任

金正恩は、米朝首脳会談前に、慌てて訪中して習近平主席に恭順の意を示し、いわば中国に泣きついた。そして、溺れる者(北朝鮮)は藁(韓国)をも掴むというふうに南を取り込んだ。こうして、少しでも自分たちの味方を増やそうとした。

こうして開催した4月27日の南北首脳会談は、両者共同の茶番というのが私の見方。

新手の漫才コンビ「キム&ムン」爆誕!といったところ。



米朝首脳会談は、決裂か、北が空約束するか、どちらかの結果しかない

そして北朝鮮は「米朝首脳会談」という本番を迎える。

その際、北朝鮮には二つの選択肢しかない。

アメリカの要求に抵抗し、会談を決裂させてしまうか。それとも空約束するか。

決裂には、会談そのものが開かれないケースも含まれる。

なぜ「空約束」なのか? 散々述べてきたが、金正恩政権にとって「本約束」(=莫大な経済的見返りもなしに核放棄を実行すること)は政治的に実行不可能だから。

決裂させたら攻撃されるから、北朝鮮としては「空約束」以外に選択肢はない。

よって、少しでも延命したい北朝鮮は核放棄に合意するかもしれない。そして、「騙すのなら徹底的に騙せ」とばかり、平和と友好のムードを精一杯盛り上げるだろう。

そして、そこから先の実行段階で、少しでも先延ばししようとする。

ここがやはり日本と北朝鮮の違いだろうか。日本はハルノートを突きつけられた時、暴発した。ところが、北朝鮮はいったん“ハルノート”を飲む可能性もありえる。そうやって名誉のための戦いよりも、あくまで寝技に持ち込んで相手を欺こうとする。

しかし、この選択ですら、その時間稼ぎの間に状況が急変しなければ、結局は戦争になるだけ。なぜなら、どこかの時点で空約束の鍍金が剥げてしまうから。

査察チームは核関連施設の規模と押収した資料、関係者への面談等から、北朝鮮が製造した兵器級核物質の量をかなり正確に推定するだろう。あるいは、科学者の誰かを買収して未申告の秘密のウラン濃縮施設の存在を嗅ぎつけるかもしれない。

その瞬間、アウト。また、北が露骨に調査を妨害したと見なされてもアウト。

よって、「空約束」を選択しても結局は開戦時期が伸びるだけの話になる。

つまり、今度の米朝首脳会談は「偽りの合意」(=本質は失敗)もありえる。

これから地獄の三択を強いられることになる北朝鮮

そうすると、アメリカの驚くべき深慮遠謀が浮き彫りになってくる。

北朝鮮にしてみれば、対話のテーブルについてみたら、次のような選択が待っていた。

第一に、完全非核化に合意せず、米朝首脳会談を決裂させたら、米が軍事行動に踏み切ってくる。

第二に、空約束して、その場をしのいだとしても、やはり後から詐欺がバレて、米が軍事行動に踏み切ってくる。

その時、トランプは芝居がかって、こんなセリフを言うだろう。

「われわれは金正恩にチャンスを与えた。しかし、彼はそれを生かそうとしなかった。会談で合意をしておきながら、またしてもアメリカと国際社会を騙した」

第三に、本当に、律儀に、完全非核化を実施したら、米の軍事行動はない。その代わり、北朝鮮からすれば、国を明け渡して降伏するのと同じ。

いったん全部の兵器級核物質を差し出したら、もう取り返しがつかない。

しかも、そうまでしても、見合うだけの莫大な経済的見返りを得られるのか、あとからカダフィみたいに打倒されないのか、何の保証も無いときている。

さて、一から三のどれかを選べ!

そういう選択を、北朝鮮はこれから強いられようとしている。

まさかこんな“対話”が待っているとは想像しなかっただろう。

上のように、北朝鮮はやむを得ず「二」を選択する可能性がもっとも高い。つまり、とりあえず合意だけはして決裂を防ぐ(むしろ決裂させるとしたら米のほうかも)。そして、交渉で、又査察の段階で、できる限り時間を引き延ばす・・・そうするより他に道はない。

トランプ大統領は、この米朝首脳会談を迎えるにあたり、安全保障担当補佐官にジョン・ボルトン、そして国務長官にCIA長官のマイク・ポンペオを登用した。

なぜこの時期に外交安全保障人材を一新したのか。

「戦時政権」へとチェンジするためだろう(もちろん対中東の布陣も兼ねる)。

北朝鮮の「空約束」後、いったん在韓米軍を撤退させて、そこから第二のアチソンライン方式の開戦をやるといったケースも考えられる。よって時期はまた延びるかもしれない。

ただし、完全に退路を断たれたと悟った時、北朝鮮も「窮鼠猫を噛む」行動に出る可能性が十分にある。たとえば、先制核攻撃に打って出る、ソウル電撃占領作戦など。

その時、日本も十分に標的になりうる。

再び安倍総理辞任の予感

状況は生きものなので、まだまだサプライズがある気がしてならない。

たとえば、総理大臣も、その時に安倍氏とは限らない。

というのも、先日、テレビで安倍総理の顔を見た際、物凄くストレスにやられているな、持病が悪化したのか、かなり体調が悪いようだなと、直感した。

そりゃそうだ。これだけ連日、ひどい政治的攻撃を受け続けている。一種の精神的拷問である。現状の国会審議は国の最高指導者をイタズラに疲弊させる装置になっている。

安倍さんは心身共、すでにボロボロになっている。なんとか気力で持ちこたえている。

そして、その瞬間、「年内に突然また辞任を決断する」という考えが沸いてきた。

9月の総裁選前、つまり数ヶ月以内の辞任の可能性もある。しかも、今度は政界を退くことすらもありえる。・・と、そんな予感がしてきた。

本当にご苦労様でした。どうか、ゆっくりご静養ください。

政界は安倍氏のサプライズ辞任に備えよ。次の総理は現閣僚の中の誰かになるだろう。

あの話題の書! これを読まずして日韓関係は語れない!


(1)口座開設手数料
(2)クイック入金手数料
(3)口座維持手数料
(4)ロスカット手数料
(5)出金手数料
⇒全てが無料!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク