スポンサーリンク

スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー1』と『電脳の楽園』

出典:READY PLAYER ONE - Official Trailer 1 [HD]  https://www.youtube.com/watch?v=cSp1dM2Vj48 以下同

みなさん、こんにちわ。

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』を、もうご覧になったでしょうか。

今年の4月、スピルバーグ監督自身が宣伝のために13年ぶりに来日していました。

物語の舞台がバーチャル・リアリティの世界という斬新さもさることながら、大友克洋の『AKIRA』の“金田バイク”やガンダムも登場する点で話題になっていました。おかげで膨大なクロスライセンスの契約となり、制作は大変だったようです。

たしかに、大変ワクワクする映画で、私からも絶対オススメします。

実は、個人的には別の意味でも驚きだったんですね。

この映画は私が昔書いた小説『電脳の楽園』と似ていると思いました。

短編『電脳の楽園』 オール讀物推理小説新人賞 最終候補作
みなさん、こんにちわ。 西村京太郎、赤川次郎、逢坂剛、宮部みゆき、石田衣良、朱川湊人、門井慶喜・・といえば、いずれも小説家として大変有名な方々です。 実は、ここに挙げた錚々たる顔ぶれにはある共通点があります。それは「オール讀物推...

このことは後半のほうで触れます。まずは、まだ見ていない人のために『レディ・プレイヤー1』とはどのような映画なのか、少し解説したいと思います。



『レディ・プレイヤー1』の世界と物語

原作は2011年に発売されたアーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』です。私も未読ですが、クラインは1980年代のポップカルチャーをこよなく愛する人物だそうで、当然、その対象には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのスピルバーグ監督作品も多数含まれます。それで仮想世界の主人公はデロリアンに乗っているわけです。

物語の舞台は2045年。超格差社会で、多くの人々が無秩序なスラム街に住んでいました。人々の楽しみは、ゴーグルをつけてVR世界「オアシス」に現実逃避することです。

オハイオ州のスラムに住む若者ウェイド・ワッツもその一人です。「オアシス」ではどんなキャラクターにも変身できるし、様々なゲームや世界を体験することができます。

2025年に創業された「オアシス」は、すでに世界最大の企業になっていました。

ところで、この「オアシス」を作った創業者のジェームズ・ハリデーは少し前に亡くなっていました。しかし、独身だった彼はある遺言のVTRを残していました。

それが、広大な「オアシス」に3つの鍵を仕掛けており、それを手に入れた者が「オアシス」の継承権とハリデーの遺産を手に入れることができるという内容です。それぞれの鍵は「オアシス」内の何らかのゲーム内に仕込まれているという設定です。

遺言の発表以来、熱狂したユーザーたちは「3つの鍵」をめぐって「オアシス」中を探し回ってきました。その鍵はいずれもハリデー自身の人生がヒントになっています。

そして「第一の鍵」が「絶対にクリアできない過激なレースゲーム」にあることまでは分かっていました。映画では、そこが物語の出発点です。

主人公のウェイドは“デロリアン”に乗り込んで、日々、そのレースゲームに挑戦していました。そこで出会ったのが謎のVR美女のアルテミスです。

ここから急速に「謎解き」が進行していきますが、一方でウェイドたちは、世界2位のIOI社のソレント社長から目をつけられてしまいます。

ソレントは「オアシス」を手に入れようとして、「軍隊」と呼ぶ大量の人員を投入してまで「鍵」を求めていました。

幸運にも「第一の鍵」を手に入れたウェイドは、ソレントから巨額の報酬を提示されますが、跳ねつけます。そのため現実世界で命を狙われる危機に陥り、逃避行とその渦中での「鍵探し」を余儀なくされます。彼はVR世界の仲間たちと現実世界で出会い、助け合いながら、圧倒的なソレントの勢力と対決し、危機を乗り越えようします。

果たして、「3つの鍵」の真相とは何か? 創業者のハリデーはそこに何を込めたのか? すべての鍵を集めた時に手渡される「イースターエッグ」の秘密とは!?

スピルバーグ監督が送る究極のVR体験と鮮烈な未来世界!!

・・・とか何とか。

私の小説『電脳の楽園』と似ていた! 興味のある制作者はすぐに連絡を!

まさか、悪の親玉側の「メカゴジラ」と主人公側の「ガンダム」が戦う場面を見られるとは意外でしたが、これ以上はこれから見る人の楽しみに取っておきましょう。

さて、私が2006年に書いた『電脳の楽園』の話です。

短編『電脳の楽園』 オール讀物推理小説新人賞 最終候補作
みなさん、こんにちわ。 西村京太郎、赤川次郎、逢坂剛、宮部みゆき、石田衣良、朱川湊人、門井慶喜・・といえば、いずれも小説家として大変有名な方々です。 実は、ここに挙げた錚々たる顔ぶれにはある共通点があります。それは「オール讀物推...

舞台は2030年。主人公は、貧富の差がますます拡大した東京の、とあるスラム街の一角に住む男です。貧困に喘ぐ労働者で、唯一の楽しみがVRゲームでした。

人々が夢中になっているVRゲームは、999種類もの「ユニバース」から成る仮想世界です。それにアクセスする装置が「エニグマ」と呼ばれる。

仮想世界の提供会社「ポセイドン社」は、元はベンチャーから始まりましたが、2030年には世界最大の企業と化しており、公海上の人工島に拠点を構えています。

どうでしょう、何となく『レディ・プレイヤー1』と似ていませんか。

「エニグマ」は、人の目に何らかの映像を見せたり、耳に音を聞かせたりする間接的なVR装置ではなく、ヘッドギアから直接、脳に電気信号を送り込むというものです。

そういう意味で、『レディ・プレイヤー1』に登場する「オアシス」よりも、さらに次世代のテクノロジーを採用していると言ってよいでしょう。

実は、私たちが存在していると思っている“現実世界”は、五感からの情報が脳内で再構成されたものです。そして、人の五感は主観的に翻訳された情報を伝達している。そこから私たちの脳に映し出されている世界は、実は一種の「虚像」と言えるわけです。

まあ、それはどうでもいいとして、私の『電脳の楽園』は、『レディ・プレイヤー1』とその原作である『ゲームウォーズ』よりも古い作品でありながら、テクノロジー面ではさらにその先を行っているわけです。ただ、実現はかなり先でしょう。

対して、ヘッドセット、体感スーツとグローブ、立体ムーブ装置なら、今でもあり、かつ日進月歩です。私的には、この「VR三種の神器」で十分楽しめます。

『電脳の楽園』は短編小説ですが、続編や長編も考えていました。受賞したら当然、書くつもりでした。あいにく「最終候補」で終わってしまいましたが・・・。

実は私が構想していた続編や長編も、『レディ・プレイヤー1』に似ているんですね。

私もまた、天才的な創業者が登場して、企業の継承や遺産の相続をテーマにしようと思っていました。そして、そのための「鍵」がVR世界に仕掛けられていることも。

私の場合、「ユニバース333、666、999」の三つの世界に謎解きのヒントが隠されているという設定で、それと現実のサスペンスを組み合わせるつもりでした。

だから、今回、スピルバーグ監督の最新作を見て、ようやく時代がオレに追いついてきたかと、愚考した次第です(笑)。冗談はさておき、本当に誰か、この『電脳の楽園』を映像化してくれないかなと、願っています。きっとハラハラドキドキする作品になる。

『電脳の楽園』を原作にすれば、『レディ・プレイヤー1』と似たようなドラマを作っても、とりあえず、パクリと言われることはありません。

当サイトで記事を書くと、数千人(記事によっては万台)の読者が目を通してくれるのですが、その中にテレビ局の番組関係者とか、ドラマ制作の関係者が一人くらい、いてもよさそうなものですが・・・。というわけで、興味のある方は気軽に連絡を

『スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー1』と『電脳の楽園』』へのコメント

  1. 名前:ヤマト 投稿日:2018/10/25(木) 15:33:57 ID:b270350d4 返信

    こんにちは。原作呼んだ感想としては花沢健吾さんの「ルサンチマン」(2004)をインスパイアしているように感じました。
    ほぼ設定そのままなのに、仮想世界を買い取った会社が「オアシス」、VR美女の名前が「月子」だったりとかして、どうしても関連性を疑ってしまいますw

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2018/10/25(木) 17:51:32 ID:67c4ed4ab 返信

      ルサンチマンという作品ははじめて訊きました。
      というか、花沢さんという方は今の今まで知りませんでした。
      よくご存知ですね。
      しかし私でも知らないのにアメリカ人がどうやってそれを知ったのか不思議ですね。