スポンサーリンク

やっぱり馬鹿だった小泉元首相

みなさん、こんにちわ。

小泉元首相が脱原発派に転じたことはすでに周知だが、問題はむしろ間違った前提を基にして「自然エネルギーで原発の代替が可能」と説いて回っていることだ。

それに対して、「kwとkwhの区別も分からない」との批判があり、それがいつどこの発言かを私のほうで探してみた。それがこれ(↓)だった。

脱原発に転じた小泉元首相「うそ信じた自分を恥じた」FCCJで会見(201697日)

この動画の1:50頃にその種の発言が噴出する。

全体の内容は、主に「トモダチ作戦」によって被爆した米軍兵士側の視点に立ったもので、彼らを支援しなければいけない、と力説するものだ。

被爆した兵士たちと実際に面会して、彼らが鼻血を出したり、ガンにかかっているのを見て、福島原発事故による放射能が原因に違いないと確信したという。

福島の壊れた原子炉がアメリカ製であることには触れていない。

ただし、一部の欧米人記者から「福島の放射線量は実際には低く、米軍兵士の症状はちゃんとした医学的な根拠があるのか」と質問で突っ込まれているが、それに対して元首相は必ずしも医学的な根拠に基づかず、専門家の言葉が疑わしいことなどを挙げ、あくまで実際に兵士と会った自分の体験から被爆であると確信していると述べている。

これに関しては、確かに医学的な根拠、とくに数値の提示が待たれる。

動画の1:15頃に小泉氏は「自然エネルギーで日本はやっていける」と主張して講演を締めくくり、以後、質問コーナーに入る。



小泉元首相の発言の問題部分

さて、本題は「自然エネルギーで原発の代替が可能」という話だ。

ドイツ人記者が「日本は再生可能エネルギーの発電量が少ないが、どうやってそれを増やしていくのか?」と質問する。

で、1:50頃から、小泉元首相はこんなことを言い始める。

「いま、政府がたいして自然エネルギーを支援しなくてもどんどん伸びてますよ」

「事故起きた後、太陽光使えばいいって言うけど、(世間・専門家は)太陽光なんてわずかしかないって言ってました。(略)もし原発の電気と同じ100万kWの太陽光発電を出すためには、東京の山手線のうち全部を太陽光に使わないとできないって言ってましたよ」

「ところが、去年の3月時点でどうですか。山手線全部何にも使っていませんよ、潰してませんよ(略)そうしないと出来ないと(原発)推進論者は言ってましたけど、今、山手線のところ潰して太陽光なんてやっていませんよ。」

ここで私の補足。

つまり、小泉氏は「100万kWの原発の代わりをするためには山手線内と同じ面積をすべて太陽光発電に使う必要があると原発推進論者は言っていたじゃないか」と口を尖らせている。

で、自分で話しているうちに、「山手線内と同じ面積を」のはずが「山手線内を」というふうに錯覚していったようだ。もしくは、当初からそう錯覚していたのか・・?。

続けよう。

「ところが、2015年3月時点で、山手線の中、全部潰さないけども、2700万kW、太陽光でやっているんですよ、今。27倍だよ。2700万kW! だから100万kWの27倍を政府の支援がなくとも太陽光がやっちゃっているの!」

「これは原発10基分以上の電気を太陽光だけで出しちゃう

困ったことに、何重もの誤解が重なっているように思われる。

「一基の原発≒山手線の内側に等しい太陽光発電」は間違いか?

少し情報を整理しよう。

第一に、まず小泉氏が「間違いではないか」と評している「もしも太陽光発電で100万kW級原発の代わりをしようと思えば、山手線の内側に等しい面積(6千ha超)が必要」とする主張について、である。結論をいえば、この例えは正しい。

つまり、間違っているのは小泉氏のほうである。

これに関して、以前に私はこんな記事を書いている。

昨年、ソフトバンク孫正義社長は、耕作放棄地などにメガソーラーを建設し、電力需要の数割を賄うとする「電田プロジェクト」をぶち上げ、賛否両論を巻き起こした。当時の管総理の熱意もあって、8月には太陽光・風力・小規模水力・地熱・バイオマスによる発電

原発の年間発電量を70億kWhと仮定し、効率15%のパネル(*設備利用率12%)を発電所用地の9割に敷設するとした場合、ほぼ「5千ha」もの面積が必要になる。

また、風力ならどうか。大型風車で代替しようと思えば、互いに約200mの間隔は取らねばならないので、そのメッシュで考えると、直径100m級ならば「4262ha」もの面積が必要だ。

このように、両者とも山手線の内側の面積をほとんど使ってしまう。自然エネを代表する両者のエネ密度が極めて低いのは事実だ。

もっとも、小泉氏は、たぶん上の内容は理解できないだろう。

言ったように、たとえ話なのに、彼は本当に山手線の内側を使わなければならないかのように錯覚しているフシがある(*そこだけ太陽光線が強い、とか・・?)。

出力(瞬間値)と年間の総発電量の区別がついていない

第二に、何よりも電力の瞬間値と積算値の区別がついていない。

分かりやすく、1000ccのエンジンを積んだAとBの自動車で比較しよう。

Aのエンジンは、常に3600rpmの一定で回転を維持し、しかも一年間のうち7000時間も動いている。

対して、Bのエンジンは、同じ1000ccだが、時間帯によって3600rpmの回転数に達することはあるが、基本的に1200 rpmになったり2000 rpmになったりと気まぐれで、しかも夜間は完全停止し、一年間のうち1000時間程度しか動かない。

小泉元総理に質問したい。

果たして、AとBの自動車の年間走行距離は同じだろうか、と。

もちろん、Aのほうがはるかに長い距離を走ることができる。

もうお分かりのように、Aのエンジンが100万kWの原子力発電で、Bのエンジンが同じ100万kWの太陽光発電のことだ。

一年間は8760時間である。そのうち発電所がどれくらいの時間動いているかを表すのが「設備利用率」とか「稼働率」と呼ばれるものだ。

原発の場合は年間稼働率80%くらい持っていけるが、太陽光発電は人為ではなく日照が決めるので、日本国内だと年間12%前後がせいぜいだ。

砂漠だと倍以上の日照時間がある。だから、アメリカの砂漠の事例を引っ張ってきて、「ほらアメリカでは太陽光発電の値段はkwhあたり○○円ですよ」という主張をする人を度々見かけるが、参考程度にしかならない。また、日米では土地代からして違う。

いずれにせよ、その稼働率で考えると、同じ100万kWの出力でも、原発は年間に70億kWhを発電するが、メガソーラーは10・5億kWhしか発電しない

よって、小泉氏が、原発の100万kWと太陽光の100万kWを同列に置いて考えているのは間違いだ。また、2700万kWの太陽光設備を指して「原発10基分以上の電気」を出せるとするのも誤解というか、理解不能。普通に計算すれば4基分のはずだ。

しかも、それはあくまで発電量であり、出力は太陽次第でくるくると変わるから、バックアップの二重投資を強いる、商用電力としては極めて品質の低いものでもある。

(以下、参考記事)

先日、日本経済新聞を見たら、一面に「太陽光発電、原発6基分に」というインデックスがあり、そんな馬鹿なと思いながら他面の本記事のほうを開いてみたら、こんなことが書いてあった。「太陽光発電の国内導入量が年内に500万キロワットを超え、600万キ

太陽光発電ほど政府の過剰な支援を受けている事業はない

第三に、小泉氏は、太陽光発電の普及に関して、まるで政府の支援がないかのように言っているが、これも錯覚であることは言うまでもない。

彼はずっと政府の人間をやっていて、固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ制度)が何か分かっていないらしい。

民間事業者が指定の自然エネルギー発電所を建てたら、電力会社は20年間の固定価格でその電力を買い取らなければならないという制度だ。

これは法律でそう決めているわけで、政府の強制力そのものである。

私はこの悪法の施行前に「こんなことをしたらメガソーラーだらけになるに決まっている」と警告する記事を書いた。買取価格は40円以上になるとも警告した。

ソフトバンクなどの初期に参入した業者は、kWhあたり42円で電力を買い取ってもらえる。私は「総コストからすると、半分近くが業者の利益になる」として、日本の電力市場が外国企業に食い物にされるだろうと警告したが、その通りになった。

で、その業者の儲けは誰が負担しているのか? 買い取る電力会社ではない。電力会社はまた「再生可能エネルギー賦課金」として、われわれ消費者に転嫁するのだ。

つまり、政府という権力が、法律で、われわれ消費者から税金の代わりとなるものを徴収して、それを民間業者にプレゼントしているというのが、事の本質なのである。

仮に工場で何かの製品を生産していて、生産した分だけ、キッチリと、すべて他人が高めの固定価格で20年間も買い取ってくれる、という制度を想像してほしい。

そんなうまい商売があるはずがないのだが、政府が権力を使って、本当にそういう商売を認めてしまったのだ。しかも、ある種の盲目的な大衆的フィーバーを背景に・・。

暴走しているのは原発ではなく小泉元総理

書いているうちに、また段々と腹が立ってきた。

要するに、小泉純一郎の頭の中身をぶちまけると、こんなふうになる。

「政府の支援もないしに民間が次々と太陽光発電所を作ってくれるじゃないか。2015年3月時点で2700万kWじゃないか。100万kWの27倍だ。これなら50基の原発の代替なんて簡単じゃないか。今までおれは電力会社や専門家に騙されていたのか」

彼はそういうことを講演で必死に力説しているのである。

はっきり言って、何重にも勘違いしていて、手の施しようがない。

最近は、この主張を引っさげて、政局にも介入し始めた。

東京新聞とのインタビューでは次のように発言している。

小泉氏は「首相の権限は強い。もし首相が(原発ゼロを)決断すれば、自民党はそんなに反対しない」と政治決断を求めるが、安倍晋三首相では「やめられない」とも述べ、原発ゼロの実現には首相交代が必要だとの考えを強調した。

しかも、最近、この「反原発倒閣」で、なんと小沢一郎と組むというニュースも入ってきた。せいぜい「小沢不動産」とコンビでメガソーラーでもやるがいい。

(ところで、自分で言うのも何だが、私は6年前にこんな素晴らしい記事をたくさん書いている。今一度、エネルギーに関心のある人は参考にしてほしいものである。)

孫正義氏の「電田プロジェクト」は本当に駄目なのか?(後半・批判編)

孫正義氏の「電田プロジェクト」は本当に駄目なのか?(前半・擁護編)

自然エネルギーへの幻想を助長する「原発何基分」という表現

今のメガソーラーは“メガ負債”となる

原発の代わりが務まる自然エネルギーは今のところ地熱だけ

まだ早すぎるメガソーラー事業はいったん白紙撤回にすべき

スポンサーリンク
ここでアマゾンサーチができる!!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

『やっぱり馬鹿だった小泉元首相』へのコメント

  1. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 06:06:07 ID:bafec8ab0 返信

    24〜5才の小泉純一郎氏の理解力について、
    17〜8才のわたくしも、理解不能の大変な
    ショックを受けたことがござい〼。

    「人間はなぜに生まれ」
    「何をして」
    「どこへ向かうのでしょぅ?」と
    わたくしが小泉純一郎氏へ訊ねました。

    ▼【小泉純一郎氏は長い間黙ったまま俯いてい
    ました。】
    そして、突如顔をあげ、宙一点を見て
    【俺の足の親指の爪が剥けたっ‼︎】と言いまし
    た。

    ▼小泉純一郎氏が案内して呉れた【品川の喫茶店】
    にはわたくしの知らぬ風態のスタッフが5人位
    うろうろしていました。
    白っぽいだぶだぶズボン、白っぽいランニング
    シャツ、この上に『前をはだけた』白っぽい上着
    …と。
    ▼わたくしと純一郎氏の他は、誰も入っていなかっ
    た奇妙さ…

    以上、わたくしの裡なる二つのショックは、帰宅
    後も、家族に一言も伝えられませんでした。
    なぜなら、デザイン縫製プロの吾が母が『徹夜し
    て【おnewの服3点を作って呉れていた】からです。

    ▼モデル雑誌でも社会でも【見たことのないスタッ
    フの服装】、
    ▼【人間の原題】とも呼ぶべきユニバーサルな問い
    への、24〜5才小泉のトンチンカン回答…

    17才のわたくしの哀しさは言いようがございま
    せんでした。

    今思えば、代々【選対部長が稲川会】構成員_と
    いぅことは、純一郎氏の【全身にイレズミを彫っ
    た祖父テキ屋小泉又次郎】氏は【稲川会の舎弟だ
    った】のか…と。

  2. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 06:13:55 ID:bafec8ab0 返信

    わたくしは、全くの偶然ですが、
    【小泉純一郎氏の1966年〜67年の1年間をほぼ目視】
    しております。

    ・【24〜25才の小泉純一郎】氏は
    ・【学帽学生服】にぺちゃんこカバンを持ち
    ・【毎朝8時5分頃始発】の【普通_京浜急行線】、
    ・【久里浜行き】=自宅:横須賀三春町へ向かって
    乗車していました。

    だからわたくしは、小泉純一郎さんへ
    Q.【都立高専の学生?】と、先述の場でコーヒーを
    飲みながら訊ねました。

    また
    Q.【きょぅは12月14日、なぜ四十七士討ち入りの日
    を選んだの?】

    Q.【小泉純一郎さんは1月8日ではなく、本当の
    誕生日は12月14日じゃないの?】等を、

    当時、祖母の影響で歌舞伎ファンだった17才のわたく
    しは訊ねておりました。(18才に近い17才)

    しかし、
    ▼【小泉純一郎さんは下を向いたまま、じーっとして
    何も答えられない】でいました。

  3. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 06:35:44 ID:bafec8ab0 返信

    この数ヶ月後吾が卒業後の【春休み】、
    不可解なことに
    【課外・特殊授業=大菩薩峠登山】の知らせが
    【教諭から連絡】されて来ました。

    在学中、部外者を一度も参入させなかった教諭
    (早稲田大学院卒)ですが、
    新宿駅スタート時点から【部外者の小泉純一郎
    氏】は居ました。

    そして、翌日の夕方、新宿駅が近づいた時点で
    引率者の教諭は
    【彼は小泉純一郎君、慶応卒の慶応ボーイです】
    とわたくしへ言いました。

    引率者の教諭は、後年【愛媛大学教授】となり
    2003年、わたくしへ【大学研究室のメール】
    を知らせて来ました。

    わたくしがその【メールアドレスへ送信する分】
    は【タイトルから全文が文字化け】を発生!
    (教授以外の他の分は文字化けなし)

    ▼研究室へ、わたくしから【三回送信して
    全文字化け、存命中に送受信不可】でした。

    翌2004年、小泉純一郎氏四国訪問時期に
    ▼【引率者だった教諭→愛媛大学教授は急逝】
    しました。

    2008年、わたくしは四国松山の御令閨を
    訪問して【小泉純一郎氏について訊ねました】
    _____________________

    ▼【引率者だった教諭→愛媛大学教授は小泉純
    一郎氏と知り合いではない】と御令閨は仰せ
    になりました。
    _____________________

    当時は、知り合い吾が在学中の課外授業

  4. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 06:38:02 ID:bafec8ab0 返信

    註↑
    「当時は、知り合い吾が在学中の課外授業」
    は不要、削除でございます。拝

  5. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 07:29:25 ID:bafec8ab0 返信

    木村愛二フリーランスジャーナリストによる、
    ▼【違憲!小泉純一郎】(自衛隊イラク派遣)訴訟
    において、
    ▼【原告木村】氏は【被告小泉氏の人格問題につい
    ても提訴】されました。

    この、小泉純一郎人格提訴の一部に
    ▼【小泉純一郎】氏は
    ▼【Dr.精神分裂症】診断において、
    ▼【都立精神病院『旧』松澤病院:Dー40号棟】へ
    ▼【1967年4・5・6月】の間、
    ▼【強制措置入院】させられていた_と文書による
    記録を残されておられました。

    当時の
    ▼【『旧』松澤病院Dー40号棟】とは、
    ▼【刑務所の独房と同じ形】で
    ▼【1畳スペースに、受刑者が寝床を作る】と。

    またDー40号棟は
    ・【受刑者が逃亡や脱獄や自殺等不可な監視体制】に
    あった、等も、記録されていました。
    ___________________

    ▼『夢遊病者状態だった亡命者15才のユダヤ人キッ
    シンジャーと同じく小泉氏:日本初の日本版SRI脳の
    強制コントロール実施では?』
    __________________私見

    この他、
    ▼【小泉純一郎氏が姉信子と議員宿舎同棲近親相姦】
    ▼【S趣味:首絞め性技小泉純一郎】氏の
    ▼【月額100万円のかこい者:愛人の芸者こはん
    変死】、
    ・【検死なし自殺で片付けた】が、
    ・【こはんの母は、自殺あり得ないと抗議】するも
    ・【検死なし、小泉殺人嫌疑】
    等の内容が

    ▼【小泉首相時代に、週刊誌フライデーから公開】

    ところが、
    ▼【代々小泉家選対部長の広域指定暴力団稲川会】
    が、八方手を尽くし、市民が目にすることなく終え
    た_結末となりました。
    __________________

    ▼【小泉純一郎】氏の
    ▼【集団強姦】【少女強姦妊娠】犯罪における
    ▼【警察調書はCIA検察庁がすべからく隠滅】

    これは日本にとっては最大の不利です。
    ・【小泉純一郎生涯】【小泉家末代】に亘り
    ・【戦争屋一味に使われ】
    ・【日本亡国に至り〼】。

  6. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 08:10:56 ID:bafec8ab0 返信

    日本は近代史明治から
    ▼【戦争突入のINSANE統治体制】
    ▼【繰り返し】です。
    __________________
    __________________

    【CIA中央情報局RG263】に
    【CIA諜報員昭和天皇ヒロヒト】の記録は
    残ります。

    昭和天皇
    「原爆投下はやむをえないことと、
    私は思ってます。」
    https://www.youtube.com/watch?v=NQhVOTS0j7A

    はて
    【徳仁・新天皇までに、CIA諜報員解除は
    なされているのでしょぅか?】

    」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

    先の開戦における皇居地下参謀本部は
    ・統帥権を全面行使した絶対専制君主の
    ▼【CIA諜報員裕仁:英国国籍所有】と
    ▼【SOE諜報員吉田茂】氏が主体。

    ・皇居地下参謀本部は、
    ・クェーカー教を名乗る
    【吉田茂・吉田が岳父の牧野伸顕陸軍上層】
    【樺山資起陸軍上層・樺山嫡男愛輔】
    【愛輔が岳父の白洲次郎】
    【裕仁、裕仁の母:貞明皇太后】が居ました。

    そこで
    ▼【天皇は日本のキリストである】フェイクを
    スティムソン陸軍長官を通して流しました。

    ▼【日本人は、例え一人になっても、キリスト
    :天皇のために戦い抜く】国民である、
    として
    ▼【ポツダム宣言へIGNOREと回答】し続けて、
    ▼【世界へ、原爆投下の公共性と正当性を与え
    ました】

    _____________
    _____________

    目的は
    ▼【裕仁原爆特許取得】です。
    _____________
    _____________

    広島県史に残りますが
    ▼【裕仁】は侍従官【畑】へ命令し
    ▼【原爆投下三日前】から
    ▼【爆心地へ学童を含め45000人動員】、
    ▼【世界1残酷スペクタルショーを実践】さ
    せました。

    ____________
    ____________

    目的は
    ▼【裕仁原爆特許取得】です。
    ____________
    ____________

    」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

    註↓
    ・麻生太郎氏の祖父が吉田茂氏です。
    ・麻生太郎氏人生の指南役が【原爆トラスト
    主格G・ウォーバーグ財閥の終身スパイ白洲
    次郎】です。
    (白洲次郎は裕仁と吉田の密使、三菱のスパイ)

    _________________
    _________________

    2007年『 LEGACY of ASHES 
    The  History of  the  CIA』により世界周知
    となる
    ▼【CIA正規の諜報員岸信之】氏

    【先の戦争開戦中】も
    【CIA諜報員岸信之】氏は
    【CIAの『グルー』後年フロント】と
    【ゴルフ三昧】でした。

    敗戦後
    ▼【巣鴨プリズンから出獄のA級戦犯岸信之】
    氏が
    ▼『アメリカの国益を自ら約束』して、
    ▼【1955年、CIA資金で自民党結党】
    して貰い
    ▼【1957年、総裁・CIA首相就任】し
    ました。

    _____この岸信之氏の孫が

    ▼【CSIS所属の安倍晋三】氏です。
    ▼【小泉純一郎氏と合同形】です。
    _______________

    安倍晋三氏によって、今まさに
    ▼【消費税10〜15%増税】
    ▼【改憲】

    ▼【開戦突入態勢の戦争経済奸計】
    安倍晋三氏日本消滅実践犯です。

    _______以上から観察できる日本病理

    ▼【日本統治者INSANE投入=戦争屋常套手段】
    ___________________です。

  7. 名前:Shion 投稿日:2019/08/25(日) 08:12:38 ID:bafec8ab0 返信

    日本は近代史明治から
    ▼【戦争突入のINSANE統治体制】
    ▼【繰り返し】です。
    __________________
    __________________

    【CIA中央情報局RG263】に
    【CIA諜報員昭和天皇ヒロヒト】の記録は
    残ります。

    昭和天皇
    「原爆投下はやむをえないことと、
    私は思ってます。」
    https://www.youtube.com/watch?v=NQhVOTS0j7A

    はて
    【徳仁・新天皇までに、CIA諜報員解除は
    なされているのでしょぅか?】

    」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

    先の開戦における皇居地下参謀本部は
    ・統帥権を全面行使した絶対専制君主の
    ▼【CIA諜報員裕仁:英国国籍所有】と
    ▼【SOE諜報員吉田茂】氏が主体。

    ・皇居地下参謀本部は、
    ・クェーカー教を名乗る
    【吉田茂・吉田が岳父の牧野伸顕陸軍上層】
    【樺山資起陸軍上層・樺山嫡男愛輔】
    【愛輔が岳父の白洲次郎】
    【裕仁、裕仁の母:貞明皇太后】が居ました。

    そこで
    ▼【天皇は日本のキリストである】フェイクを
    スティムソン陸軍長官を通して流しました。

    ▼【日本人は、例え一人になっても、キリスト
    :天皇のために戦い抜く】国民である、
    として
    ▼【ポツダム宣言へIGNOREと回答】し続けて、
    ▼【世界へ、原爆投下の公共性と正当性を与え
    ました】

    _____________
    _____________

    目的は
    ▼【裕仁原爆特許取得】です。
    _____________
    _____________

    広島県史に残りますが
    ▼【裕仁】は侍従官【畑】へ命令し
    ▼【原爆投下三日前】から
    ▼【爆心地へ学童を含め45000人動員】、
    ▼【世界1残酷スペクタルショーを実践】さ
    せました。

    ____________
    ____________

    目的は
    ▼【裕仁原爆特許取得】です。
    ____________
    ____________

    」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

    註↓
    ・麻生太郎氏の祖父が吉田茂氏です。
    ・麻生太郎氏人生の指南役が【原爆トラスト
    主格G・ウォーバーグ財閥の終身スパイ白洲
    次郎】です。
    (白洲次郎は裕仁と吉田の密使、三菱のスパイ)

    _________________
    _________________

    2007年『 LEGACY of ASHES 
    The  History of  the  CIA』により世界周知
    となる
    ▼【CIA正規の諜報員岸信之】氏

    【先の戦争開戦中】も
    【CIA諜報員岸信之】氏は
    【CIAの『グルー』後年フロント】と
    【ゴルフ三昧】でした。

    敗戦後
    ▼【巣鴨プリズンから出獄のA級戦犯岸信之】
    氏が
    ▼『アメリカの国益を自ら約束』して、
    ▼【1955年、CIA資金で自民党結党】
    して貰い
    ▼【1957年、総裁・CIA首相就任】し
    ました。

    _____この岸信之氏の孫が

    ▼【CSIS所属の安倍晋三】氏です。
    ▼【小泉純一郎氏と合同形】です。
    _______________

    安倍晋三氏によって、今まさに
    ▼【消費税10〜15%増税】
    ▼【改憲】

    ▼【開戦突入態勢の戦争経済奸計】
    安倍晋三氏日本消滅実践犯です。

    _______以上から観察できる日本病理

    ▼【日本統治者INSANE投入=戦争屋常套手段】
    ___________________です。