スポンサーリンク

7月4日、北朝鮮は米独立記念日を意識してICBMを発射した【速報】

今回の記事はいそぎ。

2017年7月4日の午前9時40分ごろ、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射しました。高度は2300キロから2500キロ以上と推定。

その後、朝鮮中央放送は「午後3時(日本時間同3時半)から特別重大報道を行う」と予告。そして、ついにICBMの発射に成功したと宣言しました。

以下ニュース(太字傍線筆者)。

北朝鮮「ICBM発射に成功」 特別重大報道で 7/4() 15:33配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央放送などは4日午後3時(日本時間同3時半)、「特別重大報道」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと伝えた。

(略)韓国政府の消息筋は「最高高度は5月14日に発射した(新型中長距離弾道ミサイル)『火星12』(最高高度2111.5キロ)より高かった」として、「高度は2300キロ以上と分析しているが、最高高度はさらに高い」と話した。別の消息筋は最高高度が2500キロ以上の可能性もあるとしている。

韓国軍の合同参謀本部はミサイルが約930キロ飛行したと発表した。日本の防衛省によると、約40分間飛行したという。

専門家らはミサイルが通常の角度で発射される場合、飛行距離は70008000キロ以上となり、米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)級と推定していた。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000058-yonh-kr

このICBM発射は、米韓首脳会談に反発したとも、日本に向けたメッセージとも解釈する向きがあるが、他はともかく「ICBM」だけはアメリカに向けたものです。

私が気になったのは、わざわざ「午後3時」を指定して発表したことです。

この意味が分かるでしょうか。極東とアメリカとの最短時差は14時間。

つまり、アメリカ東海岸時間で74日に入った直後となる時間です。

そして、7月4日というと、アメリカの独立記念日ですね。

周知の通り、トランプ大統領は自分を批判するCNNなどに対しても一切遠慮なくやり返す人物です。やられたら、やり返す・・それがトランプの流儀。

果たして、ここまでコケにされて、トランプが黙っているだろうか。

いずれにせよ、これでまた半島情勢は一段と悪化するでしょう。

最新記事!

「金神の艮の文」(トドメノフミ)と呼ばれる怪文書があります。出典のサイトに全文が掲載されていますが、元の発信者は不明です。ついぞ来たれし天の時、天翔かけ国馳かけ天を舞い天下に雷鳴轟かせ神の御国と建て替える。あらゆる教えを混ぜ混ぜて一つの法と
スポンサーリンク
ここでアマゾンサーチができる!!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク