スポンサーリンク

石破茂の政治生命は終わった

7月17日に産経新聞の一面を見た人は、驚いたのではないだろうか。

前川元事務次官が、先の国会証言だけでなく、ことあるごとに自信満々で自説の正当性の根拠としてきた例の「獣医学部新設4条件」(以下)の真相が暴露されている。

  1. 現在の提案主体による既存の獣医師養成でない構想が具体化し、
  2. ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らかになり、
  3. かつ、既存の大学・学部では対応が困難な場合には、
  4. 近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。

産経新聞の記事は次のように記す(*以下傍線太字筆者)。

「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました…」

平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本獣医師会」会長で自民党福岡県連会長の蔵内勇夫の2人。

(略)このいわゆる「石破4条件」により獣医学部新設は極めて困難となった。

(略)獣医師会にとっては「満額回答」だといえる。北村は獣医師会の会議で「(4条件という)大きな壁を作ってもらった」と胸を張った。

なんと、この「4条件」なるものは、そもそも日本獣医師会と通じた石破茂が獣医学部の新規参入を阻止する目的で作成した、というのだ。

果たしてこれは事実なのか。

どうやら事実らしい。以下は同会のサイトである。

サイト左にあるインデックスの三番目「主要会議・委員会の開催状況」を開くと、総会・理事会の資料が出てくる。

今現在、平成27年(2015)度以降の理事会の報告書は削除されているが、まだデータとしては残っているようで、このアドレスで以下の資料が出てきた。

上は、平成27年9月10日に開かれた日本獣医師会の第4回理事会の会議報告の冒頭部分。そして、下がその報告の中に含まれる「日本獣医師政治連盟の活動報告」の部分。

分かり易いように、私のほうで赤線を引かせてもらった。

(以下赤線部分の起こし)

なお、昨日、蔵内会長とともに石破茂地方創生大臣と2時間にわたり意見交換をする機会を得た。その際、大臣から今回の成長戦略における大学、学部の新設の条件については、大変苦慮したが、練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした旨お聞きした。このように石破大臣へも官邸からの相当な圧力があったものと考える。しかし、特区での新設が認められる可能性もあり、構成獣医師にも理解を深めていただくよう、私が各地区の獣医師大会等に伺い、その旨説明をさせていただいている。

産経新聞の報道もこの内部資料を参考にしたようだ。これは「9月10日」の報告なので、たしかにその前日に石破・北村・蔵内の三者会合が行われたことになる。

ちなみに、この「私」とは北村直人元議員のこと。酪農学園大学の獣医学部卒で、自ら獣医師免許を持ち、日本獣医師会の政治団体の委員長をしている。

この文面からすると、北村氏の安倍政権批判は、とても公正とは思えない。



「策士、策に溺れる」を地でいく話

このように、日本獣医師会の報告書にも記載されていることなので、これが事実という前提で話を進めても無問題だろう。仮に石破氏側が「虚偽記載で名誉を毀損された」として日本獣医師会を訴え、勝訴したら、私もこの記事を撤回する。

要は、自分でこの「4条件」を作っておきながら、表ではしれっと、「この4つが証明されるか否か」を争点にして、「されなければ新設してはいけない」などと正論を吐いてきたわけだ。おれは公正な立場からモノ申しているぞ、というツラをしながら。

しかも、当然、自身が総理に成り代わらん目的で現政権の揚げ足を取ったと、世間は想像する。党内でも、「石破は自分が裏でコソコソと作ったものを強請りのタネに使った」として、私利私欲のために党利を犠牲にしたという悪評が立とう。

策士の策にも、褒められるものと嫌悪されるものがあって、これは明らかに後者。倒閣だろうが何だろうが、石破のしたことは日本人の美醜の基準に著しく抵触する。魑魅魍魎だらけの政界でも、こんなやり方で、仮にも身内を斬ったら、誰もが引く。

というわけで、彼は急速に人心を失うのではないか。世間や党内はおろか、周辺の人からも見放されるかと。そうでなくとも、次期総理レースからは完全に外れた。

こんな姑息なことをせずとも、ただじっと待っていれば、いずれチャンスが回って来たろうに・・。もう議員もやめて、郷里でプラモ屋でも開いたほうがいいのでは。

前川氏と文科省も共犯ではないのか?

さて、この4条件を政治的な武器にしてきたのは、前川氏も同様である。先の国会証言でも、「4条件を守る必要がある。今治市からの提案は4条件を満たしていない」などと、しきりと“4条件”を強調し、自説の盾としている。

私は石破に知恵を貸した者たちが隠れていると推測する。私のような門外漢であっても、当初、この4条件の文言を見た瞬間、違和感を覚え、下のように記した。

私は、もともとこの文面を考えたのも役人であり、しかも文科省が関わっていて、本音では獣医学部を新設させないために事細かな条件を付けたのではないかと疑っているが、これはただの憶測である。(略)

この4条件をクリアせねばならないとしたら、新設に漕ぎ着けるためにあと十年はかかること受け合いである。事実上の不可能化ルールかもしれない。

加計学園 何が問題か 本質をズバリ解説【4・結論編後半】
さて、「加計学園問題シリーズ」のラスト。 先行記事は以下です。 【加計学園問題】ウィキペディア「獣医学部」を読む 加計学園問題騒ぎ 疑問の声まとめ 超必読の三名五記事の紹介 加計学園 何が問題? 本質をズバリ解説...

上の記事では、一応は、加計学園がこの4条件を満たしているとは思えないので、この件に関しては、私も前川氏に軍配を上げる、という内容を書いてしまった。

しかし、今、それを撤回しなければならない(過去記事の過ちは、それを明らかにするために、あえて訂正せずに、そのままにしておく)。

違和感という伏線が、今回、完全に解消された。この4条件は、やはり新規参入を阻止するために練られたものだったのだ。その点に関して「憶測」は事実だった。

しかも、前川氏も絶対に知っていたはず、というのが私の確信。というのも、この4条件の文面は、官僚の作文くさい。「ライフサイエンスなんとか」という専門用語が石破の頭から出てくるはずがない。すると、やはり「知恵袋」がいたのではないか。

今回、日本獣医師会の内部資料を見ていくうちに、2008年末に文科省内に獣医学教育の改善・充実を目的とした「調査研究協力者会議」が立ち上がったことを知った。

担当するのは「高等教育局」である。ここの、あるいはここの出身だった文科官僚が、4条件の作成に関わったのではないかと、私はそう推測する。

前川氏は畑違いだが、彼の地位からすると、おそらく承知のはずである。

仮に、直接であれ間接であれ、前川氏も関わっていたとしたら、完全に彼の政治的公正さにトドメを刺す格好になる。

そうでなくとも、彼がこの経緯を“知っていた”だけでも(当然、部下が作成に関わったとしたら最高官が知らないでは済まされない)、彼の人格を疑うには十分だ。

というのも、自分たちが獣医学部の新設を阻止するために裏でコソコソと作ったルールを、そうと明かすことなく、さも新設判断の公正な基準であると世間に錯覚させ、「加計学園がどうクリアしているのかを説明してほしい」などと官邸に詰め寄り、それを自身の正義の外見としてきたわけだから。とんだ茶番だった、と支持者も呆れるだろう。

むろん、すべては「事前に知っていたら」の話であるが・・。

いずれにせよ、石破に4条件を考える知識があるわけがないとして、世間の追求の矛先は次に「誰が石破にアドバイスしたのか」という点に向かうだろう。

つまり、前川喜平と文科省が追求の対象になる。

*筆者から皆様へのお願い

当サイトが今後とも無料記事を維持できますよう、読者の皆様にも、できる限りツイッターやSNSなどで、当サイトの記事を取り上げていただけると助かります。

自分の葬式を出した朝日新聞【加計学園報道問題】
まず“言い訳”から。 この記事は本来、7月11日に朝日新聞の朝刊を読んで、すぐに書こうと思ったものです。ところが、他の記事やら、調べものやら、その他何やらで、大幅に遅れてしまった。 とくに、紙面を一度にスキャンできず、4分割して...

『石破茂の政治生命は終わった』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/07/26(水) 17:17:50 ID:38a778da5 返信

    石破4条件を京都産業大学ならクリアできるので、獣医師会すら納得で京都産業大学(とその同等大学)を参入させる石破氏の意図です。

  2. 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2017/07/26(水) 18:32:03 ID:bc0299e22 返信

    >石破4条件を京都産業大学ならクリアできる

    それは私も知りませんでした。
    参考になりました。
    ありがとうございます。

  3. 名前:偉くなくても正しく生きよう 投稿日:2017/07/26(水) 19:56:06 ID:d99825146 返信

    青山繁晴氏と足立康史氏と和田政宗氏は、この既得権益を死守してる側の裏工作(謀略)疑惑をご存知であるのだろうか・・・。把握してないのであれば、教えないと。
    しかし、この疑惑は限りなくクロに近いように思えますね。大問題でしょう。絶対に石破氏と北村氏と前川氏を徹底追求するべきでしょう。野党議員とメディアが率先してやるべきではないか。特に、舌鋒鋭い自由党の森ゆうこ議員と民進党の宮崎岳志議員にお願いしたい。あ、玉木雄一郎議員の方がいいかもしれないですね。

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/07/26(水) 22:50:26 ID:38a778da5 返信

    京都産業大学には総合生命科学部があります
    https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/nls/

    ここは臨床(医学部でいえば患者の診察や治療)でなく基礎(学術的な医学研究)を学び研究する学部です。でも卒業しても獣医師の資格は取れません。
    したがって、実際に診察治療してそれを研究にフィードバックすることが不可能です。
    もしここに獣医学部が新設されれば以下の4条件をクリアできます。
    (1)新たな分野のニーズがある
    (2)既存の大学で対応できない
    (3)教授陣・施設が充実している
    (4)獣医師の需給バランスに悪影響を与えない

    もちろん総合生命科学部や類似の学部があるのは京産大だけではまりませんので「京産大ありき」でもありません。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E7%A7%91%E5%AD%A6%E9%83%A8

    京都産業大学に獣医学部ができていれば、日本の獣医学界も世界の獣医学界に伍して世界で活躍するでしょう。世界の数億人の人とその数倍の家畜の身体生命ノーベル賞を受賞されたを救って大村智先生に続く人材を世界に供給する期待が持てます。
    現在の獣医師の劣化版を作ろうという加計とは違います。

    普通の

  5. 名前:匿名 投稿日:2017/07/27(木) 03:18:42 ID:c6813d525 返信

    医学には臨床(診察治療)と基礎(研究)があります。
    京都産業大学には総合生命科学部があり、すでに獣医学研究がおこなわれてます。
    しかし獣医師にはなれないため診察治療から研究へのフィードバックをできません。
    獣医学部ができれば獣医学研究者を多数輩出するでしょう。

    合致しませんか?
    (1)新たな分野のニーズがある
    (2)既存の大学で対応できない
    (3)教授陣・施設が充実している
    (4)獣医師の需給バランスに悪影響を与えない

    ちなみに加計にも似たような学部ありますけど教授陣を見ればレベル、失礼分野が全然違うのがわかります。
    http://renkei.office.ous.ac.jp/ousresnavi/#04_01_000
    https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/list/nls.html

  6. 名前:山田高明 投稿日:2017/07/27(木) 15:53:56 ID:e6840441e 返信

    貴重な情報、ありがとうございました。

  7. 名前:からの 投稿日:2017/07/29(土) 03:08:13 ID:1f0f6889a 返信

    匿名さん
    「練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした旨お聞きした。」
    とありますから、あなたの言うように京都産業大学・その他類似大学が複数参入できるようになっているとは思えません。

  8. 名前:匿名 投稿日:2017/07/29(土) 07:09:51 ID:fe55af1ce 返信

    自民党鳥取県第1選挙支部(鳥取1区、2012年、代表者 石破茂)の収支報告書です。
    日本獣医師政治連盟から百万円の寄附があります。(寄附内訳の最終行)
    そして、時間は前後しますが、支出の欄で「石破しげる後援会」と「石破茂」に
    それぞれ500万円が、「寄附」されています。
    支部代表者が、自分に「寄附」するのがよくあることなのかは知りませんが、ご参考までに。
    http://openpolitics.or.jp/pdf/310103/2012.pdf

  9. 名前:革命家とずぶずぶ 投稿日:2017/07/29(土) 14:17:04 ID:3cd9e2aa1 返信

    加計学園は準備周到に民官協力して成し遂げた。四国に獣医学部、ハブ基地が必要なのも、宮崎であった口蹄疫のようなことがあれば必ず必要になってくる。地元で勉強して、地元で活躍する人材が後々必要になってくるのですから十分理解できる範疇です。

    京産大も、IPS細胞の重要性を山中教授が先頭に立って知らしめ、研究費の募金を募り、大きな成果にしたように、まず、自分たちが何を研究しているのか、税金を投入してもらうためには待ちの姿勢ではなく国民に知らしめないといけませんね。
    今回、準備不足だったと会見しましたが、それだけではその程度のものだったとの印象しか残りません。
    まあスパイが簡単に学校や企業に潜入できてしまう日本ですから、研究のことは公にはしたくないでしょうけどね。

    とにかく、マスコミがフェアな報道をしない時点で、何を言っても「安倍憎し」「打倒安倍」という野党のシナリオありきで、この問題を攻撃材料されたのは間違いない事実です。
    野党もマスコミ誰も責任を取らない。
    加計、京産大、両者にまでマイナスイメージを付けて得するの誰でしょうかね?
    本当にとんでもない世の中になりました。