スポンサーリンク

即位礼における天皇陛下の神力発動まとめ

みなさん、こんにちわ。

令和元年10月22日、

天皇陛下が内外に即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が無事執り行われました。

この前後最中、偶然にしては不思議すぎる気象現象が重なり、SNS等は大盛り上がりでした。私にも個人的奇跡が起こり、驚いております(こちらはまたの機会に)。

以下の画像類はネット上のあちこちでアップされたものをお借りしたものです。アップされた方々には、この場を借りてお礼を申し上げます。

まず日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号につづき、台風20号が当日関東直撃コースを辿っており、大変心配されていました。しかし・・。

21日夕方には、温帯低気圧に変わったんですね。

また、台風21号のほうは反れ、儀式後もしばらくは穏やかな日々が続くようです。

ただし、台風20号は消滅しましたが、関東に荒天をもたらしました。

その影響をもろに受けた人がこちら。

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相です。

親書持参ということですが、日本の神々は歓迎していないようです。

「悪霊退散」ならぬ「反日国退散!」といったところでしょうか。

ただ天皇陛下はやはり器が違います。誰であれ等しく歓待されました。

さて、22日当日の朝ですが、昨日からの雨が続いていました。

しかし、午後1時の「即位礼正殿の儀」の始まりの直前になると・・・

なんと、雨がピタリとやんで、陽が射し、虹が出現!

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191022/k10012143731000.html

驚くべきことに、その日、東京で晴れたのは「その時」だけでした。

南北に長い雨雲を、何かの力がぶった斬ったのでしょうか。

なにしろ皇室の祖先はアマテラスオオミカミ(天照大神)

他方、富士山周辺は爽やかに晴れ、しかも今年の初冠雪になりました。

どうやら、天の神々が令和天皇のご即位をお祝いしているようです。

今回、儀式に参列された200近い国や機関の元首クラスやVIPの皆さんは、何を想って帰国されたことでしょう。

「きのう儀式が始まると同時に雨がやみ晴れ間がさしたことに驚いた」

あまりの神力に反日国の首相もビビったようです。

もしかして、私たちは「リアル神話の誕生」の瞬間に立ち会ったのかもしれません。

『即位礼における天皇陛下の神力発動まとめ』へのコメント

  1. 名前:変態韓国人=反日 投稿日:2019/10/23(水) 22:47:45 ID:ded2bf86b 返信

    雅子と寝た男たち その2
     原田治明
     デビット・カオ
     奥克彦外務省上司
     岡本行夫
     大野裕主治医
     国連大学総長
    ;結婚後もやってるんですね~呆れるのを通り越して、性欲の強さ、貞操観念の無さに衝撃を受けました。  
    小和田恒ですが株の信用取引で大負けして、自己破産しているとのもっぱらの噂です。自宅へ帰れずに、東宮御所に隠れ住んでいるとか。創価学会池田大作公明党違憲北朝鮮宗教小和田金吉密航朝鮮人

  2. 名前:名も無き修羅 投稿日:2019/10/24(木) 00:31:29 ID:75bc8e1d4 返信

    一昨日は月破大耗と言って
    風水的にはよろしくない日にち
    だったらしいですけどね。

    虹が出たのは吉兆だと
    とらえたいです。

    • 名前:Takaaki Yamada 投稿日:2019/10/24(木) 00:54:43 ID:467c3b4ae 返信

      わたすも吉兆だと思いますた